スキルアップはゲームのレベルアップと同じ【朝礼スピーチ21】

みなさんRPGゲームをやったことはありますでしょうか。有名なところで言いますとドラゴンクエストやファイナルファンタジーがRPG、いわゆるロールプレイングゲームです。主人公がLevelアップする度に強くなっていきます。これは最近のゲームではなく、昔のゲームシステムの話。

スポンサードリンク


RPGのレベルアップシステム

 敵を倒して経験値を稼ぎ、ゲージが100%まで来ればレベルアップする、という仕組みです。例えばレベル1からレベル2、レベル2からレベル3、というようにレベルを上げて、主人公を強くしていくものです。

 そのレベルアップの際に、基本スキルがアップすることによって主人公が強くなる、という仕組みです。「魔法」を覚えたり「攻撃力・防御力・敏捷」の数値が上がることです。

ここで問題なのは、次のレベルアップまで、経験値を獲得しているにも関わらず「基本スキルそのもの」は変わらない状態であることです。レベル10のゲージ1%もレベル10のゲージ99%も強さに変わりはない、ということです。

一生懸命経験値を稼いでいるにも関わらず、レベルが上がるまでのその過程において、スキルに変化なし、ということ。レベルが上がる時に「ドカン」とスキルが上がり強くなるのです。

 これは実社会においても、非常に似ている部分があります。訓練や努力を重ねた結果、実際には小さなスキルは上がっているのですが、なかなか体感することが出来ないものなのです。

そしてある日、自分がかなりスキルアップしていることを体感することが出来る時が、突然前触れもなくやってくるのです。例えば出来なかったことが、出来るようになっていたり、苦手だった作業が苦でなくなっていたり。

しかしある一定のところまで体感出来ないが故に、途中であきらめモードになってしまいがちです。

スポンサードリンク


見えないゴールは不安になる

 一生懸命頑張っているのに、全然スキルアップを体感出来ない!とみなさんは諦めてしまっていませんでしょうか。実際は少しずつスキルは上がっているのでしょうけど、先述のようになかなか体感することが出来にくいものです。

 しかもゲームのゲージの100%は数値で表されていますので、「あと何匹敵を倒せば良い」と目標にすれば良いのですが、実際の生活において、ゲージ100%は見ることが出来ません。つまりゴールが見えていない状態です。

これは結構辛くしんどいことです。なぜなら本当に報われるのかどうか、それすら分からない状態だからです。RPGゲームと似ている、と申し上げましたが、この点に関しては「まるで違う」と言えます。

最後のピースがはまるその日まで

 我々は有無の未確認、かつ見えないゴールを目指している訳です。努力を重ねてあと一歩のところまで来ていたのに、断念してしまってはもったいないです。

ゲージが100%満タンになる時が必ずやってきますので、焦らず頑張ってスキルアップを目指しましょう

キーワード「成長・スキルアップ」の例文テンプレート

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です