反省から未来を変えろ【朝礼スピーチ123】

「反省している暇があったら先へ進め」という人をたまに見ます。それを言うなら、「後悔している暇があったら先へ進め」です。ミスを省(かえり)みて次に生かす事はとても重要な事です。後悔は後ろ向きに悔いているだけの事。そこを間違えない様にしなければなりません。

スポンサードリンク

反省から未来を変えろ

 人生には失敗やミスはたくさんあります。それにいちいち落ち込んでいては前に進むことが出来ません。ましてや、後になって悔いたところで現状も未来も変わりません。まさに「後悔先に立たず」です。

しかし現状は変わらずとも、未来だけは変えることが可能です。そのために必要なのは、「後悔ではなく反省をする」ということです。反省とは「自分の行動を省み、振り返り、良いかどうかを考えること」です。この反省をせねば未来は運任せとなり、実力で変えることが出来ません。

そして原因と結果だけではなく、その間にあるプロセスについて細かに反省していくことが大事です。

スポンサードリンク

現実逃避と反省をはき違えない

 反省というのは「あそこに原因があったな、失敗したな、今度は失敗しないようにしよう、うんうん。オールオッケイ。俺って良い子。」と考えることではありません。これはただ目を逸らしているだけの「現実逃避」です。

こうなったのは何故か、プロセスの中に間違いはなかったか、など様々な因果関係を考え、是正していくことが反省であり、それしか実力で未来を変えることが出来ないのです。ミスを糧とする唯一の方法です。

反省する人は成功する。

これは、松下電器創業者、松下幸之助の言葉です。毎日栄養を摂取して体が成長していくように、反省することで様々なスキルが成長していくのです

ただし、ごちゃごちゃ考えすぎは逆効果です。反省しすぎてしまうと委縮し、恐怖がやってきますので要注意です。
キーワード「反省・後悔」の例文テンプレート

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です