挨拶は全ての基本

ビジネスマナーというよりも、人間として当たり前に大切なもの、と言えます。「おはよう、こんにちは、こんばんは、よろしく、ありがとう、おつかれさま」。たった5文字前後の言葉だが、この5文字で全てが変わると言っても過言ではありません。

スポンサードリンク


言葉ではなくコミュニケーション

 朝会社で誰かに会った時に「おはよう」と挨拶をしていますか。挨拶というのは厳密には「言葉」ではなく「コミュニケーション」だと言えます。つまり「挨拶とは言葉を交わすだけではない」、ということです。

目と目で挨拶

 コミュニケーション、つまり意思疎通の行動なのだから「目を合わせて挨拶」が基本となります。もちろん例外もありますが、顔を突き合わせることが「挨拶」なのです。
言うまでもありませんが、会社外の人間にも目で挨拶をする事が大切です。嫌いな相手と目を合わせたくなければ、相手の眉間でも見ながら挨拶すると良いでしょう。

全ての挨拶に共通する

 これは「おはよう」だけに限らず、「こんにちは」「おつかれさま」「ありがとう」など、全ての挨拶に共通します。人間の社会生活において、非常に重要なことなのです。
ここまでは小学校でも習いますので、みなさんご存じの事でしょう。社会人ともなりますと、もう少しきちんとした挨拶を目指しましょう。

スポンサードリンク


挨拶の3つのポイント

  1. 先に挨拶をする
  2. 軽く会釈をする
  3. 笑顔を忘れずに

簡単なことのようですが実際にやるとなると、難しい3点です。特に心掛けたいのは最初の「先に挨拶をする」ということでしょう。

軽く会釈をする、や笑顔を作ることも忘れないようにしましょう。むしろ、これら全てを合わせて初めて「挨拶」と言えるのかもしれません。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です