機転を利かせろ【朝礼スピーチ157】

代表的な言葉に「一を聞いて十を知る」というものがあります。どうしようもない状況でも、機転を利かせれば必ず打破出来るはず。ただしスピードが重要です。

スポンサードリンク

「気が利く」との違い

 似たような言葉で「気が利く」といった言葉もありますね。これは「注意が行き届き、粋な感じ」という感じが近いですね。
それとは違い、機転を利かせるとは「いざという時にナイスなアイデアを瞬時に思いつく」という意味ですね。

いざという時にやたらと機転が利く人、生まれ持った才能とでも言いたくなるような天才的な人がいませんか。機転が利く、とは「思考と言動」がサッとリンクし、それを行動に瞬時に移せる人、と考えて良いでしょう。

頭がキレる、つまり頭の回転が速いということが、「機転を利かせること」につながっていますね。さらには様々な要素があるとは思いますが、その中でも大切なのは「知識」が絶対に必要になってきます。

スポンサードリンク

結果、知識が必須スキル

 先にも述べましたが、ナイスなアイデアを生み出すには知識が必須になります。頭の回転が速くても知識がなければ、グルグルとあれこれ考えるスピードだけが速く、永遠に高速で回り続けるだけになってしまいます。

自分の会社のこと、自社を取り巻く様々な事、社会の流れ、トレンドなど、膨大な知識があってこそ、機転を利かせることが出来ます。膨大な知識、と言いましたが、この知識は「持っていて当然」のものだと自覚しましょう。

キーワード「機転・対応・判断・機知」の例文テンプレート

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です