理念・流儀・方針

スポンサードリンク

【理念・流儀・方針】を使った文章例

■経営理念を理解しているか

自社の経営理念が言えない、なんて人はいないと思います。いたとしたら論外ですが、例え言えたとしても、本当の意味で理解はしているでしょうか。「そんなもの、尤(もっと)もらしい事を言ってるだけだろ」などと思うなかれ。これがしっかりしていないと、チェーン店の味が各店で全然違うのと同じ。自分自身の中にも「仕事の理念(こうあるべきだという根本の考え)」を。

■プロフェッショナル、仕事の流儀

という番組がNHKで放送されていますね。どんな仕事も、その仕事でお金を貰うのならば、それは「プロ」と呼びます。そのプロとしての流儀(※物事のやり方など、という意味)を持っていて然るべき、です。

■行動にポリシーを持って

ポリシーとは「政略・方針」という意味。仕事をするにあたって、自社のポリシー・自分のポリシーが根底になければなりません。何となくその場しのぎ、筋の通っていない仕事では、プロとは呼べません。仕事をこなす上で、ちゃんとした方針に則(のっと)って行動しましょう。

【理念・流儀・方針】に使える慣用句・ことわざ

■細工は流流仕上げを御覧じろ(さいくはりゅうりゅうしあげをごろうじろ)

自分のやり方で仕事をしている途中で、とやかく言わず最後の仕上がりを見てからにしろ、という意味。自分なりの理念や流儀を大切に。

■旗を掲げる(はたをあげる)

新たに事業を起こすこと。この時に掲(かか)げた理念を社員は継いでいかねばなりません。

■一念岩をも通す(いちねんいわをもとおす)

一途にやれば思いは叶う、という意味。自分の流儀に従って行動しましょう。

スポンサードリンク


【理念・流儀・方針】に使える四字熟語

■朝令暮改(ちょうれいぼかい)

朝の命令が夕方には変わっていることから、命令などがコロコロと変わること。理念や方針は一貫しておかねばなりません。。

■不易流行(ふえきりゅうこう)

不変のものを守りつつ、変化も取り入れていく、という意味。時代に沿って方針を変えていくのも必要かもしれません。

■換骨奪胎(かんこつだったい)

古人の詩文の発想・形式などを踏襲しながら、独自の作品を作り上げること。自分だけの流儀を作りましょう。

■晏子高節(あんしのこうせつ)

脅しや暴力に屈しない気高い志。一度決めた理念や方針は覚悟を持って貫きましょう。

【理念・流儀・方針】に使える偉人の言葉

■理念なき行動は凶器であり、行動なき理念は無価値である。 本田宗一郎

つまり理念と行動はニコイチの存在。

■企業は存在することが社会にとって有益なのかどうかを、世間大衆から問われていますが、それに答えるものが経営理念です。 松下幸之助

会社の理念とは存在意義を明確にすることも大切なことのひとつ。

■目的と方針が無ければ努力と勇気は十分ではない。 ジョン・F・ケネディ

「原文:Efforts and courage are not enough without purpose and direction.」
目的と方針が明確であるからこそ、努力も出来るし勇気も持てる、ということです。

■七つの社会的罪とは。1.労働なき富。2.良心なき快楽。3.人格なき学識。4.献身なき宗教。5.理念なき政治。6.人間性なき科学。7.道徳なきビジネス。 マハトマ・ガンジー

富も快楽も学識も宗教も政治も科学もビジネスも、無くてはならないものです。しかしそれぞれに、大切なことを欠いてはダメだ、ということです。社員それぞれひとりひとりが、流儀と自信を持って仕事に臨んで欲しいものです。

■経営の基本理念の4つの条件。経営者自ら考えること。社員、株主、お客様が納得すること。世間さまが賛成すること。自然の理法に即していること。 松下幸之助

社員ひとりひとりもまた個人事業者のつもりで、会社の理念に即した自分の理念を作ってみる。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です