用心に関する諺【朝礼スピーチ152】

用心に関する諺はとても多く存在しています。それだけ先人たちが、「自分達がやってしまったミスを二度と冒さぬように」と、我々に教えを遺して下さっているということです。

スポンサードリンク

ことわざがたくさん

 このサイトでも「用心」に関するたくさんの諺をピックアップしていますが、非常にたくさん存在します。とてもじゃないですが全て書き切ることは出来ません。ざっと挙げますと、
・石橋を叩いて渡る
・用心に越した事無し
・人を見たら泥棒と思え
・用心に怪我なし
など非常に多く存在しています。(参照:キーワード「警戒・用心・慎重」の例文テンプレート)

これだけたくさんの教えが存在するということは、やはりそれだけ大切であり、そのことわざを知っている者は肝に銘じておくべきことだ、と言えるでしょう。

その昔
「行ってらっしゃい。気をつけてね。」
と親に何度も言われたような感じでしょう。言うまでもありませんが「本気」で用心を促してくれていましたね。

「分かってるようるさいな」と子どもに言われようとも言い続けていました。今お子さんがいる方は痛いほど分かるはずです。

スポンサードリンク

つまり人間は油断しやすい

 これだけ私たちの先輩が言っているのです。つまり、それだけ私たち人間は油断をしてしまう生き物である、ということでしょう。

いいや、俺は、私は、用心深い方だ、と思っていても、肝心なところでヤッてしまうことがありませんか。
部屋で足の小指をぶつけてしまう人、電気を消し忘れてしまう人。おっちょこちょいな人は特に慎重に行動しましょう。

キーワード「警戒・用心・慎重」の例文テンプレート

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です