会話のタブー

会話にもタブーがあります。こちらにはそんなつもりがなくとも、相手を不快にさせることが多々あります。特に日本語はややこしいので、結構な注意が必要です。

スポンサードリンク

社内、特に社外でタブー

 たくさんありますが、とりあえず代表的な3つのタブーをピックアップしました。社内でも好ましくありませんが、社外や初対面の人などには絶対にタブー、と言っても過言ではありません。

誰かの悪口

 悪口はタブー中のタブー、ご法度中のご法度です。絶対に軽々しく悪口を言うのは止めておいた方が得策です。共通の知人や上司などの悪口を、つい心を許して言ってしまい、後でとんでもないことになった、なんて話はザラです。

あんまり悪口ばかり言ってますと、あなたが悪口ばかり言っていることが話題になり、悪口キングのレッテルを貼られてしまいます。こうなると、もう誰もあなたに本当の事を話しません。絶対に止めておきましょう。

スポンサードリンク

プライバシーに関わること

 他人のプライベートはちょっと気になったりするもんですよね。しかし、あまり聞くべきことではありません。

例えば女性に「彼氏いるの?」なんて聞こうものなら、セクハラで訴えられる時代です。

既に仲良くなっている場合は、こんな会話もアリでしょう。しかし
「こちらだけが仲良くなっているつもり」という状況に要注意です。

宗教・政治の話

 特に営業マンがお客様と絶対にしてはいけない会話のNo.1、宗教と政治の話です。

最近の政治はあーだこーだ、と言い出しますと、どうしても熱がこもり易い話題ですので、出来れば避けるべきです。

そしてここでもあまり触れないようにします。

その他、いろいろ

 会話のタブーとされるものはこの他にもたくさんあります。いずれにも共通することは、簡単に話題を振れて、上手くいけば盛り上がってしまう(人によります)、ということです。

気をつけておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です