固執・執着・断念

スポンサードリンク

【固執・執着・断念】を使った文章例

■固執し執着して、断念していけば良し

固執:自分の意見などをあくまで主張し続けること。
執着:ある物や事について強く惹かれ、深く思い込んでどうしても忘れきれないこと。
断念:思いきること。あきらめること。
固執や執着は人間である以上、仕方がないのかもしれません。どのようにして断念していくか、どう捨てるか、が課題です。

■往生際と引き際と諦めが悪いのは後ろを向いている

往生際も引き際も悪い人は、大抵の場合において後ろ向きです。前に未来が見えていないので過去にしがみつくしかありません。過去に固執せず、しっかりと前を向いて歩いていきましょう。

■執着すればするほど拗(こじ)れていく

積み重ねてきたものを崩すのは、辛いかもしれません。誰しも執着したくなるものですが、しかしそこはあっさりといくべきです。仕事も恋も粘着質は拗れて上手くいかないのが、世の常です。「竹を割った」かのごとくまいりましょう。

【固執・執着・断念】に使える慣用句・ことわざ

■断腸の思い(だんちょうのおもい)

腸(はらわた)が千切れるほど辛く苦しい思い。そうやって断念することで新たな道が開けます。

■匙を投げる(さじをなげる)

諦めること。漢方医が治療方法が見つからず、薬を調合する匙を投げ出したことに由来する。断念し諦めることも大切です。

■後ろ髪を引かれる

心が残り未練がましく執着し断念出来ないこと。

スポンサードリンク


【固執・執着・断念】に使える四字熟語

■意馬心猿(いばしんえん)

執着心が強いが故に心が乱れていること。意馬も心猿も、心が静まらない、落ち着かないといった意味。

■雲煙過眼(うんえんかがん)

物事への執着が淡泊なこと。

■純真無垢(じゅんしんむく)

欲望や執着がなく、純粋で清らかなこと。

■無欲恬淡(むよくてんたん)

無欲で執着もなく、あっさりしていること。

■行雲流水(こううんりゅうすい)

執着せずに自然の流れに任せること。

【固執・執着・断念】に使える偉人の言葉

■私は固執しない。それは執着だからだ。執着は罪である。心を乱す源である。 釈迦

心が乱れるから周りが見えず、さらに固執する

■苦しみは、欲望や執着を持つから生まれるのである。苦しみから解放されるには、欲望や執着を断つことである。 釈迦

普通の人間には難しい所業(しょぎょう:ふるまい、行い)ですが、出来るだけ欲望や執着を捨てることで、余計な苦しみから解放されます。

■私たちが抱いている煩悩が欲望を生み、欲望が執着を生み、執着が苦を生みます。私たちの苦しみのほとんどの原因は、煩悩から生まれる欲望や執着なのです。 瀬戸内寂聴

煩悩とは人間の苦の原因とされるものです。「貪(とん):むさぼり求める心」、「瞋(じん):怒りや恨み」、「痴(ちん):迷いや惑い」などがあります。つまり、これらに執着することをやめれば良い訳ですね。

■永遠の愛も、平和も、衣食住の快楽も、手に入れたと思ったときから、それを失う怖れという苦が始まります。人は執着する心から逃れられなくなるのです。 瀬戸内寂聴

手に入れたものに執着したくなるのが人間の性(さが)です。次へ次へと進んで、後ろを振り向かないことです。

■人間、生をうけた以上どうせ死ぬのだから、やりたいことをやってざっくばらんに生き、しかるのち、諸々の欲に執着せずに枯れ、そして死んでいくべき、という考え方だ。 本田宗一郎

名誉やお金に執着せずに、自分の生きたいように生きてみると、案外人生楽しいものかもしれませんね。

■忘れてはいけない。偉大な人間になって何か立派なことを創造しようと思ったら、多くの事を断念することが出来なくてはならないということを。 ヘルマン・ヘッセ

あれも欲しいこれも欲しいと言ってたら、何も手に入らない、ということです。断念するべきところを即切り捨てることです。

■人生とは面白いものです。何かひとつ手放したら、それよりずっと良いものがやって来るものです。 サミュエル・ジョンソン

様々なことに固執して執着していると、そこから何も新しいことが生まれません。要らないものは要らない、と割り切っていきましょう。

■動物は、一度ある方法で成功すると、その方法にいつまでも固執する傾向がある。 渋谷昌三(しぶやしょうぞう:社会心理学者、エッセイスト)

そりゃ当り前のことですね。しかし、そこから一歩、執着心を捨て新たな道へ進むと、もっと良いことが待っているかもしれません。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です