5月7日・8日、両日共更新が遅くなります。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

データ・資料・分析

スポンサードリンク

【データ・数値・分析】を使った文章例

■データによる分析+経験則で

まず最初に経験則を元に行動を起こさずに、データによる分析から始めましょう。そしてその後、データでは計ることが出来ない問題が発生した際に、経験や勘を頼っていくことになります。昔ながらの『なんとなく作業』は無駄が多く、技術も上がりません。

■業務分析を徹底しましょう

現在『正解』とされている業務も、社会情勢や時代の移り変わりによって変化せねばならないはずです。これをしっかりと見直していかねばなりません。業務を細分化し、可視化、数値化して改善していく『業務分析』を行ないましょう。

■経験や勘をデータ化

トンビやツバメが低く飛ぶと雨が降る、と言われていますが、昔の農家や漁師の経験からそのように言われてきました。しかし現在ではこれは気圧の関係であることが科学的に証明されています。例えば店舗や営業で「月曜はいまいちで水曜日がよく売れる」といった事があるのならば、経験としてだけではなく『なぜそうなるのか』をデータ化して分析していかねばなりません。

スポンサードリンク

【データ・数値・分析】に使える慣用句・ことわざ

■百聞は一見にしかず(ひゃくぶんはいっけんにしかず)

あれこれ何度も聞くより一度見た方が確かである、という意味。データを目で見るようにしましょう。

■論より証拠(ろんよりしょうこ)

あれこれ論じるよりも証拠があれば明らかになること。データなどを数値化してしまえば議論の余地なし。

【データ・数値・分析】に使える四字熟語

■状況分析(じょうきょうぶんせき)

状況を分析すること。これが正確に出来ないと次の一手はほぼ失敗します。感情的にならぬ事です。

■一目瞭然(いちもくりょうぜん)

一目見ただけで分かる様子。データ化、数値化を徹底しましょう。

■状況把握(じょうきょうはあく)

現状を確認し理解すること。データ分析が物を言います。

スポンサードリンク

【データ・数値・分析】に使える偉人の言葉

■大蔵省の役人というのは優秀です。正しいデータさえ入れればちゃんとした結論を出してくる。 田中角栄(第64・65代内閣総理大臣)

間違いのない質の高いデータさえあれば、間違いのない結論に達する、というのは机上論。データを扱う人間の質も高くなければなりません。

■優れたマーケティングは新しくて秀逸なアイデアを生み出す力と、ビッグデータの分析から最新のトレンドやセグメントを探知する力を土台としている。 フィリップ・コトラー(アメリカの経営学者)

発想力も大切なことですが、それをさらに発揮させるためにデータ分析は必須と言えるでしょう。

■数値化する大きなメリットの一つは、「目標達成までに何をすべきか」という具体的なアクションが見えてくることです。 三木雄信(みきたけのぶ:実業家・元ソフトバンク社員) 

次は何を、いつまでに、どうしたら良かったっけ、というものが一目で分かるよう数値化してしまいましょう。

■データによる管理は、複雑であっては役に立たない。事態を混乱させるだけである。 ピーター・ドラッカー(オーストリアの経営学者)

考えなければ分からないような複雑なデータは意味がないですね。

■事物はそれ自体いかなるものであるか、その素材、原因、目的に分析してみるべきである。 マルクス・アウレリウス(第16代ローマ皇帝)

様々なことに対して分析をかけてみましょう。

■データ化できるものだけでなく、データ化できないものを考えなければならない。データ化できないものについての配慮を忘れたデータ化は、組織を間違った方向へ導く。 ピーター・ドラッカー(オーストリアの経営学者)

勘に頼りデータ化していないことがありませんか。ここを疎かにすると企業が迷ったまま進むことになります。

■ジフ・デービスの買収では1冊200ページ以上のファイルで100冊ほど、2万ページのデータをもとにコンピュータを使ってシミュレーションをしました。買収するかしないか、いくらで買えば利益が上がって返済できるか、こちらの利益にどれだけ影響を与えるかなどを分析したのです。 孫正義(ソフトバンク創業者)

ちょっと分析してみました的な事ではきちんとした結果は得られません。

■問題を適切に分析すれば、問題は半分解決したようなものだ。 チャールズ・ケタリング(アメリカの発明家) 

問題が発生すれば、なんとなくではなくしっかりと分析していけば打開策が見えてきます。

■過去を建設的なものにする方法は、天下広しといえども、ただ一つしかない。過去の失敗を冷静に分析して何かの足しにする。あとは忘れ去ることだ。 デール・カーネギー(アメリカの作家)

失敗を分析して次の糧にする、そしてその失敗を引きずらない事です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする