7月6日 キーワード別 偉人の言葉・ことわざに【勝負・競争】を追加しました。

チャンス・好機・機会

スポンサードリンク

【チャンス・好機・機会】を使った文章例

■チャンスを逃す人の特徴

せっかく目の前にやってきたチャンスをみすみす見逃してしまう人には、分かりやすい特徴があります。それは勇気が無い人、そしてマイナス思考の人です。勇気と前向きさを持ってやらねば、チャンスなど掴めません。

■好機は必ずやってくる

好機は誰にも一様にやってくるものです。しかしそれは「あっという間」の出来事です。短い時間にやってくる好機を逃さないためには、「何パターンか想定しておく」ということです。そうすれば行くべきか行かざるべきかを瞬時に判断できます。

■ピンチはチャンス

ピンチの後にはチャンスがやってくる、などと野球でもよく言われます。実際に観戦していますと、その通りになる事が実に多いですね。つまりピンチを乗り越えたらチャンスがやってくる、ということです。この機会を逃さないようにすることです。

スポンサードリンク

【チャンス・好機・機会】に使える慣用句・ことわざ

■兵士、甚だ陥れば則ち懼れず(へいし、はなはだおちいればすなわちおそれず)

絶体絶命のピンチの時はもう恐れる事など何もない、という意味。『ピンチをチャンスに変える』なら恐れぬことですね。

■得手に帆を揚げる(えてにほをかかげる)

絶好のチャンスに行動を起こすこと。

■好機逸すべからず(こうきいっすべからず)

チャンスが訪れたときにそれを逃さず行動に出ろ、という教え。逆にチャンスをものにしなければ、努力だけでは到達出来ないこともある、という教え。

■棚から牡丹餅(たなからぼたもち)

思いがけない幸運がやってくること。こういう機会を逃さないようにしなければなりません。

■勝負は時の運(しょうぶはときのうん)

勝負事はその時々の運に左右されること。実力が劣っていても、チャンスが舞い込んできた方に勝利がやってくることも多々あります。

■チャンスが過ぎてから嘆いても遅すぎる

It is too late to grieve when the chance is past.の日本語訳。好機逸すべからずと同義。

■物には時節(ものにはじせつ)

『事には時節・物に時あり』とも言う。物にはそれに適した時機があるので、それを逃すと失敗する、という意味。その時機こそがチャンスですから見極める力が必要ですね。

■犬一代に狸一匹(いぬいちだいにたぬきいっぴき)

犬の一生のうち、狸ほどの大きな獲物は一度あるかないか。人生のビッグチャンスはそうそうやってこないものです。

■時は得難くして失い易し(ときはえがたくしてうしないやすし)

チャンスはそうそうやって来ず、さらに非常に過ぎ去りやすいもの。常にチャンス到来を伺っておかねばなりません。

■待てば海路の日和あり(まてばかいろのひよりあり)

荒れた海でも待っていればいつか良い天気がやってきます。その機会をじっくりと待つことが大事、だということ。

■天の与うるを取らざれば反ってその咎めを受く(天のアタウルをとらざればかえってそのとがめをうく)

チャンスは天が与えてくれるもの。それを逃すのは逆に災いをもたらすことになりかねないという教え。

■鉄は熱いうちに打て(てつはあついうちにうて)

鉄が熱いときには、いかに硬くとも曲げることが出来る。転じて、チャンスを逃さねば思い通りに結果に辿り着く、ということ。

■急いては事を仕損じる(せいてはことをしそんじる)

焦ればそれだけ精度が下がるので落ち着いて行動せよ、という教え。焦っていてはチャンスも逃すはめになります。常に冷静沈着で。

【チャンス・好機・機会】に使える四字熟語

■一期一会(いちごいちえ)

一生に一度しかない出会い。チャンスもしょっちゅうは訪れてくれません

■曇華一現(どんげいちげん)

滅多にない稀な機会のこと。『曇華(どんげ)』とは三千年に一度咲くと言われる想像上の花の名前、『一現(いちげん)』は一度現れる。

■好機到来(こうきとうらい)

好機が到来する。チャンスがやってくる、という意味。

■千載一遇(せんざいいちぐう)

そう滅多にない大きなチャンス・機会のこと。

■時機到来(じきとうらい)

良い機会がやってくる、という意味。

■雨過天晴(うかてんせい)

雨がやみ、次第に晴れてくるという意味。悪い状況が好転していくこと。今が悪くともチャンス到来を願って頑張りましょう。

スポンサードリンク

【チャンス・好機・機会】に使える偉人の言葉

■常に準備を怠るな。チャンスはいずれ訪れる。 エイブラハム・リンカーン(元アメリカ大統領)

まさに備えあれば憂いなし、です。チャンスをモノにするには準備が不可欠です。ボーっと生きていて転がり込んでくるような甘いものではないようですね。

■機会は魚群と同じだ。はまったからといって網を作ろうとするのでは間に合わぬ。 岩崎弥太郎(三菱財閥創業者・実業家)

チャンスや機会は訪れた時に手にせねば意味がありません。その準備、つまり、平凡な毎日を全力投球しておくことです。

■チャンスは、それに備えている者に微笑むものだ。 マリ・キュリー(ポーランドの物理学者・化学者)

日本ではキュリー夫人として有名な人ですね。何もせずただ待っていてもチャンスはやってこないのです。行動を起こしましょう。

■チャンスさえ来れば、と思っているとチャンスはやってこない。 斎藤茂太(精神科医・随筆家)

いつか宝くじが当たったら、と言ってるのと同じですね。チャンスは自ら手繰り寄せましょう。

■人生にはピンチばかり多くて、チャンスは極めて少ないものだ。 白井義男(元世界フライ級王者)

少ないチャンスをものに出来るかどうか、人生には結構重要なことです。

■チャンスを生かせ!人生にはチャンスが満ちあふれている。普通、成功する人はチャンスを生かそうとする人だ。 デール・カーネギー(アメリカの作家・教師)

数少ない「チャンス」という機会を増やすには、チャンスを呼び込めば良いです。それにはやはり普段から勝負に出ているかどうかが鍵となります。

■チャンスは逃すな。先ず決断せよ。石橋を叩くのはそれからである。 西堀栄三郎(にしぼりえいざぶろう:登山家)

「下手の考え休むに似たり」と言いますが、考えているだけの状態は休憩しているのと同様。チャンスが来たら即行動、ですね。

■多くの人はチャンスを逃してしまう。何故ならチャンスはオーバーオールを着ており、大変そうに見えるからだ。 トーマス・エジソン(アメリカの発明家・起業家)

チャンスには責任が付きまとうものです。自分を賭けていかねばチャンスなど意味がありません。

■好転する前には悪化するという段階もあり得る。 ウィンストン・チャーチル(イギリスの政治家)

運命の相手と街角でぶつかって喧嘩、そのあと本当の出会いがありチャンスが訪れる。よくドラマでありがちですね。

■待っていてはダメだ。完璧な好機など永遠に来ない。 ナポレオン・ヒル(米の成功哲学提唱者)

ただ待っていても好機は来ません。行動を起こしたものにしかやってこないのですから。

■もし好機が到来しなかったならば、自ら好機を作りだせ。 サミュエル・スマイルズ(イギリスの作家)

相手社長に偶然を装って助けるシチュエーションを作り上げる営業マン。そして偶然を装ってまた出会い、「ああ、あのときの」的な。チャンスが来なければ自分で作りましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする