プロ・一流

スポンサードリンク

【プロ・一流】を使った文章例

■プロ意識を持ちましょう

職人やスポーツ選手だけが『プロフェッショナル』と呼ばれている訳ではありません。どんな仕事でもそれを一筋にやっていて、対価を頂いているのならば『その仕事のプロ』です。営業、事務、雑用でも極めたらその道のプロ。そして仕事に対してお金を頂いて生計を立てているのならプロフェッショナルです。『プロ意識』と『プライド』を持ちましょう。

■どんな仕事内容でも一流の仕事を

仕事の大小にかかわらず一流の仕事をこなしていきましょう。大した仕事ではないから手を抜いてしまえ、では一流とは呼べません。自覚を持って仕事に打ち込みましょう。

【プロ・一流】に使える慣用句・ことわざ

■弘法筆を選ばず

プロや達人は道具を選ばず、その善し悪しは関係ないという意味。

■餅は餅屋

何事もその専門家には敵わないという意味。馬は馬方(うまはうまかた)とも。

スポンサードリンク


【プロ・一流】に使える四字熟語

■達人大観(たつじんたいかん)

物事の達人や一流の人は全体的に広く見渡せる、という教え。

■一意専心(いちいせんしん)

心を惑わされずに一つの事に集中していくこと。この仕事を何年も集中し続けてやってきた私たちは、この道のプロです。プロフェッショナルらしく自信を持って振舞いましょう。

【プロ・一流】に使える偉人の言葉

■プロとは一つの仕事について一芸に秀でた人、一流になろうと努力している人のことである。 中内功(ダイエー創業者)

今の仕事をきちんとしているならば、それはもうその仕事のプロと呼ばれる人間になっているという事です。プロとしての意識とプライドを持ちましょう。

■努力するのはプロとして当たり前。それ以上するのが本当のプロだ。 宮本慎也(元プロ野球選手)

お金を頂く以上、プロとして努力をするのは当たり前で、相手の想像を超えてこそ一流と呼ばれる人になります。

■プロとは当たり前の事を当たり前に出来る人間をいう。 野村克也(元プロ野球選手・評論家)

任されている仕事を完璧にこなす。これがプロとして当たり前のことで、それを当たり前に実行出来るようになりましょう。

■一流は道具を大切にする。道具を粗末に扱う人は一流にはなれない。 イチロー(元メジャーリーガー)

プロと呼ばれるにはまずは道具を大切にすることです。当たり散らすなど以ての外。

■金を残すは三流、仕事を残すは二流、人を残すは一流。 野村克也(元プロ野球選手・評論家)

仕事をこなすだけでは二流。後輩にそのプロ意識を伝えてこその一流です。

■威張る男は、要するにまだ一流でないということ。 オードリー・ヘップバーン(ハリウッド女優)

一流の人間は本当に腰が低く、自分は謙(へりくだ)って相手を敬う人ばかりです。技術だけではなく、内面も磨いておきましょう。

■苦痛に耐える力がなければ一流にはなれない。 サミュエル・スマイルズ(イギリスの作家)

一流を人はみな苦痛に耐え乗り越えてきています。苦労を知っているからこそ一流なんですね。超えられそうにない高い壁がやってきたらラッキーくらいに思っておきましょう。

■三流は人の話を聞かない。二流は人の話を聞く。一流は人の話を聞いて実行する。超一流は人の話を聞いて工夫する。 羽生善治

本当のプロとは当たり前のように工夫しています。

スポンサードリンク