5月7日・8日、両日共更新が遅くなります。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

余裕・焦燥

スポンサードリンク

【余裕・焦燥】を使った文章例

■心に余裕を持つこと

心に余裕のある人は、いつも笑顔がステキです。そして人間的にも魅力的に見えます。逆に心に余裕の無い人は、見ているこっちが焦ってしまいます。仕事は余裕を持って行動すべきです。

■焦燥感に駆られる時は

「頼まれた仕事が期限内に終わりそうもない、ヤバイヤバイ間に合わない!」と焦燥感に駆られながら仕事をしている間は、仕事の能率は下がりっぱなしです。むしろ余裕を持って行動せねばなりません。

■窮屈ではない、ゆとりある人生を

人生には、時間には限りがあります。焦る気持ちは分かりますが、窮屈に生きても面白くありません。そんな生き方をしていると苦しいだけですし、周りが全く見えなくなります。ちょっとゆとりを持って周囲を見渡しながら歩いていきましょう。

スポンサードリンク

【余裕・焦燥】に使える慣用句・ことわざ

■残り物には福がある(のこりものにはふくがある)

焦って手柄を立てずとも、最後に価値のある良い物が残ることもあります。余裕を持ちましょう

■急がば回れ(いそがばまわれ)

急がねばならぬ時ほど、危険な最短を狙わず安全な回り道を選びましょう。急がず焦らず余裕を持って行動しましょう。

■慌てる乞食は貰いが少ない(あわてるこじきはもらいがすくない)

焦って慌ててもロクな事がありません。ゆるやかに進みましょう。

■走れば躓く(はしればつまづく)

物事は慌てて焦ると失敗しがち、という意味。

■急いては事をし損じる(せいてはことをしそんじる)

焦って急いでもミスが増えるだけです。結局似たような時間になりますので、余裕を持って行動しましょう。

【余裕・焦燥】に使える四字熟語

■余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)

焦りも無くゆったりと落ち着いた状態。

■泰然自若(たいぜんじじゃく)

『泰然』とは余裕を持って、落ち着いている様子。『自若』も見誰の無い落ち着いた様子。

■冷静沈着(れいせいちんちゃく)

落ち着いて動揺しない様子。慌てず焦らず

■一気呵成(いっきかせい)

中断せずに大急ぎで完成させること。そんな事は長続きしませんので、余裕を持って事に当たるようにしましょう。

スポンサードリンク

【余裕・焦燥】に使える偉人の言葉

■じっくり考えろ。しかし、行動する時が来たなら、考えるのをやめて、進め。 ナポレオン・ボナパルト(フランスの皇帝・革命家)

焦らず余裕を持って考えましょう。そして行動に移しましょう。

■大いに屈する人を恐れよ、いかに剛にみゆるとも、言動に余裕と味のない人は大事をなすにたらぬ。 伊藤博文(初代内閣総理大臣)

物腰の低い人こそ一番怖く、どんな怖い強そうな人でも、言動に余裕も面白味も無い人は大した事を為す事はない、という意味。常に余裕を持った言動を心がけましょう。

■いいじゃないか、5年道草をくったら、5年遅く生まれて来たと思うのだ。 吉川英治(朝日新聞連載『宮本武蔵』作家・小説家)

人生は考え方次第で変わります。焦らずにいきましょう。

■時というものは、それぞれの人間によって、それぞれの速さで走るものなのだよ。 ウィリアム・シェイクスピア(イングランドの劇作家)

そんなに焦らなくとも時間は急に早く流れたりはしません。自分のペースで走りましょう。

■速度を上げるばかりが、人生ではない。 マハトマ・ガンジー(インドの宗教家・政治指導者)

ついつい焦って早足で駆けたくなるのが人生ですが、たまにはゆっくりと景色でも見ながら歩いていきましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする