反省・後悔

スポンサードリンク

【反省・後悔】を使った文章例

■後悔するな、反省せよ。

反省している暇があったら先へ進め」という人をたまに見ます。それを言うなら、「後悔している暇があったら先へ進め」ですね。ミスを省(かえり)みて次に生かす事はとても重要な事なのです。後悔は後ろ向きに悔いているだけの事。そこを間違えない様にしなければなりません。
反省から未来を変えろ【朝礼スピーチ123】

■自分に都合の良い言い訳をせぬように

誰しも失敗したら恥ずかしいし格好悪いもんです。しかし自分に都合のよい言い訳をしてはなりません。その瞬間「糧」が「ただの黒歴史」に変わります。ましてや人のせいにするなど、以ての外(もってのほか)です。
都合のいい言い訳をやめよ【朝礼スピーチ124】

■後悔の中には答えがある

後悔先に立たず。あんなことやめておけば良かった、なんでこんな結果になったのだろう、といつまでも悔やんでも仕方がありません。後悔ほど時間が無駄で、心が疲れることもそう滅多にありません。
後悔の中に答えあり【朝礼スピーチ125】

【反省・後悔】に使える慣用句・ことわざ

■易者身の上知らず(えきしゃみのうえしらず)

他人のことは占えるが自分のことはさっぱり。他人を批判する前に自分のことを省みろ、という意味。

■覆水盆に返らず(ふくすいぼんにかえらず)

一度してしまった失敗は取り返しがつきません。後悔しても始まらないのだから、反省して次に生かしましょう。

■後悔先に立たず(こうかいさきにたたず)

当たり前ですが、後悔はあとからやってきます。いくら嘆いても元には戻りません。それを防ぐことを考えるよりも「その失敗から学ぶ」こと。次に生かす為にも、反省をしましょう。

■転ばぬ先の杖(ころばぬさきのつえ)

後悔をしないためには、前もって準備や用心をしておきましょう。そうすれば失敗が激減するはず。

■臍を噛む(ほぞをかむ)

臍(ホゾ)とはヘソのこと。つまりどうにもならぬ事を後悔しても仕方がない、という意味。

スポンサードリンク


【反省・後悔】に使える四字熟語

■今是昨比(こんぜさくひ)

ようやく過去の過ちに気付くこと。気付くだけマシですね。気付いたのなら、反省し次に生かしましょう

■痛定思痛(つうていしつう)

過去の失敗を反省し戒めにすること。

■飲灰洗胃(いんかいせんい)

灰を飲んで胃を洗うかのごとく、心底から心を入れ替え、反省して改めること。

■自業自得(じごうじとく)

自分のした悪事によって報いを受ける、という意味。そうなる前に反省をして過ちを犯さぬようにしましょう。

■因果応報(いんがおうほう)

良い行いをすれば良い報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いを受ける、という教え。後悔しない為にも善行を。

■一罰百戒(いちばつひゃっかい)

人の罪を罰して、それを他の人々の戒めとする行ないのこと。そんな事をして戒めとしているようでは、もはや社会人として失格ですね。自ら反省するように。

■自問自答(じもんじとう)

自分がやってしまったことは自分が一番分かっているはずです。どこがダメだったのか、ちゃんと自問自答して反省しましょう。

■遺憾千万(いかんせんばん)

非常に残念で心残りであり、後悔していること。こんな事態に陥る前に、反省をして次に生かす努力をしましょう。

■悔悟憤発(かいごふんぱつ)

失敗した事を後悔して、挽回するために努力すること。失敗した事は忘却するのではなく、次へのステップと考えていかねばなりません。そうでなくては失敗して反省した意味がありません。

【反省・後悔】に使える偉人の言葉

■誰しも一度きりの人生。やらない後悔よりも、やった後悔をすべきです。 岩田松雄(スターバックスコーヒージャパンCEO)

やれば成功していたかも、などといつまでも後ろ髪を引かれるくらいなら、いっそ出来なかったことの方が糧となります。失敗して反省して、成功を目指していきましょう。

■必死にやった結果の失敗は、後悔しなくていい。 原由美子(スタイリストのパイオニア)

頑張ったのですから後悔する必要はありません。それよりも、失敗の分析から反省し、次に生かす糧にしましょう。

■どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。いま、現在に最善を尽くすことである。 松下幸之助

いま何をすべきかを最優先しましょう。「悩んでいる暇」がある人は、「出来る事もたくさんある」、ということです。まずは反省、そして前進です。

■仕事も何でも反省はしない。反省ばかりしてるとバカバカしくてこれから先、やっていけない。 タモリ

微細な失敗は失敗として捉えず、成功へのプロセスと考えてしまいましょう。反省「ばかり」するのはいけませんが、反省から得ることもあります。

■悔いるよりも今日直ちに決意して、仕事を始め技術をためすべきである。何も着手に年齢の早い晩いは問題にならない。 吉田松陰

悔いている時間も体力ももったいないです。さっと反省して、さっさと次へ向かいましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です