平凡・凡庸

スポンサードリンク

【平凡・凡庸】を使った文章例

■凡人とは経験不足人間

平凡で凡庸だ、と呼ばれる人が特別な存在になるには、それ相当の経験が必要です。さまざまな事を経験して、学んでいきましょう。

■平凡が素晴らしいのではない

平凡は素晴らしい、なんてことをいう偉人がいます。でも、特別なことも平凡なことも、平凡にやれる人が素晴らしいのです。

■凡庸、つまりとりえが無い

とりえ、つまり長所のない人間など、そんな人間などこの世に一人もいません。自分自身で凡庸だと決めつけず、早く気付くことが大切です。

【平凡・凡庸】に使える慣用句・ことわざ

■烏合の衆(うごうのしゅう)

無規律、無秩序に群れ集う大衆。凡人の集合体は、いくら大きくなっても意味がありません。

■十(とお)で神童十五で才子(さいし)二十過ぎれば只の人

成長するにつれて平凡な凡人になってしまうこと。

■毒にも薬にもならない

害にもならなければ役立つということもない、居ても居なくても同じ様子。まさに平凡そのもの

■沈香も焚かず屁もひらず(じんこうもたかずへもひらず)

良くもなければ悪くもない平凡な様子

■可もなく不可もなし(かもなくふかもなし)

良くもなく悪くもない。平凡、普通

■箸にも棒にも掛からない(はしにもぼうにもかからない)

何のとりえもなく、平凡なこと。

スポンサードリンク


【平凡・凡庸】に使える四字熟語

■付和雷同(ふわらいどう)

自分の考えが無く、人の意見に同調することが多い、平凡な人間のこと。

■平凡陳腐(へいぼんちんぷ)

とても平凡でありふれていて面白味の無い様子。

■平々凡々(へいへいぼんぼん)

平凡&平凡

■千篇一律(せんぺんいちりつ)

ほとんどの詩が同じ調子であることから、どれもこれも平凡で面白みがないこと。

■十年一日(じゅうねんいちじつ)

何の変わらない同じ状態、平凡な日々

【平凡・凡庸】に使える偉人の言葉

■凡庸な人間は自分の水準以上の者には理解をもたないが、才能ある者はひと目で天才を見抜いてしまう シャーロック・ホームズ

井の中の蛙大海を知らず、ということでしょう。凡庸な人間、才能を見抜けず。

■組織にも違いがある。凡庸と一流の違いというよりは、学んでいない組織の違いである。 ピーター・ドラッカー

しっかりと勉強、訓練を自分に課して頑張らねば、平凡な人生まっしぐらです。

■間違いをしたことのない者は凡庸である。そのうえ、いかにして間違いを発見し、いかにしてそれを早く直すかを知らない。 ピーター・ドラッカー

凡人で終わらないためには、足元を見つめ、修正していかねばなりません。。

■凡庸な人間に凡庸ならざることをさせることが組織の目的である。 ピーター・ドラッカー

平凡な者にこそ挑戦を与えていかねばなりません。

■とかく他人に厳しく、自分自身に寛大なのは凡人の常だ。 本田宗一郎

凡人から脱するためにも「自分に厳しく、他人に寛大」でいましょう。

■凡人の脳みそは、どれもこれも似通っている。全員、一つの同じ鋳型からつくられている。同じ場面に遭遇すると、誰もかれもがまったく同じことを思いつき、さらに各人のさもしい魂胆が加わる。 アルトゥル・ショーペンハウアー(ドイツの哲学者)

同じ顔で同じ心、同じ人生の凡人人生なんてまっぴらですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です