気合・気概・気迫

スポンサードリンク

【気合・気概・気迫】を使った文章例

■普段から気合の入る行動を

声が小さい、背筋が曲がっている、意見を言わない。もしもこんな人を見かけたとしたら、気合が入っているように見えますか。

■気概を持っていこう

気概とは、困難にも屈しない強い意気。気骨(意味:強い心)、とあります。社会人をやっていますと、しんどいこともたくさんありますね。そういう場面を乗り越えられるのは、心の強さを持っているかどうか、つまり気概を持っているかどうか、です。

■気魄に満ちた人間であれ

気迫、とは「他に力強く働きかける精神力。」とあります。気迫に満ち溢れている人は、自分だけではなく、他人をも奮い立たせることが出来ます。そして「気魄」とも書きます。魄はたましいと読みますが魂と魄、実は違いがあります。精神を司るのが「魂」、肉体を司るのが「魄」。つまり身体に漲(みなぎ)るたましい、となります。

【気合・気概・気迫】に使える慣用句・ことわざ

■気合を入れる

精神をこめて物事に対すること。気合を入れて取り組むこと。

■火事場の馬鹿力

普段では出せないような力が出ること。気迫に満ちていれば、いつでも馬鹿力は出るもんです。

■発破(はっぱ)をかける

奮い立たせ気合をかけること。

スポンサードリンク


【気合・気概・気迫】に使える四字熟語

■力戦奮闘(りきせんふんとう)

全力で努力すること。何事も気合です。

■緊褌一番(きんこんいちばん)

気持ちを引き締めてことに当たること。気合を入れていきましょう。

■一生懸命(いっしょうけんめい)

命懸けで先祖伝来の土地を守ったことに由来。気合を入れて頑張りましょう。

■気骨稜稜(きこつりょうりょう)

自分の信念を貫く気持ち。常に気概を見せていきましょう。

■意気衝天(いきしょうてん)

勢いのある状態。気迫をもって臨みましょう。

【気合・気概・気迫】に使える偉人の言葉

■いや、人生は気合いだね。 二葉亭四迷

気合とは精神を集中している気持ちの勢いのこと。

■結局何をやるにしても気合と根性ということになります。ものごとを複雑に考えずにシンプルにやるべきことをやる。 堀江貴文

気合と根性で頑張りましょう。

■何事にも動じない決断力ほど、気概のある人間を作り出す要因はおそらくあるまい。 セオドア・ルーズベルト

何事にも動じない気概のある人だからこそ、決断力に長けているとも言えます。強い気持ちが大切だということですね。

■直言実行、傍若無人、死を恐れない気迫があるからこそ、国のために深謀深慮の忠も尽くせるのだ。 高杉晋作

気迫に押されてしまっては負けてしまいます。気持ちだけでも負けないように。

■人に勝つより自分に勝て。 嘉納治五郎

自分に負けてしまっては何も出来ません。気合を入れて頑張りましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です