計画・構想・設計

スポンサードリンク

【計画・構想・設計】を使った文章例

■人生は計画的に

何も考えずに闇雲に生きている人は、いますぐ人生計画を練ることです。将来どうなりたいのか、そのためには毎日どのようにすれば良いのか、一週間の自分の行動予定をどう決めれば良いのか、を明確にさせることです。つまり
・将来の夢は?
・毎日ちゃんと時間通りに生活しましょうね
・時間割通りに一週間を進めましょうね
全て小学校で教わったことばかり、ですね。

■構想を練るとは

この先のことを考えて組み立てることを構想を練るといいます。無理やり押し込めば、全てが崩壊するパズルのように、しっかりピースの形を見るかのごとく、考えることが大事です。

■人生の設計士、かつ建築士を目指せ

自分の未来は、自ら設計し、それを構築していかねばなりません。つまり設計士でもあり建築士でなくてはならないのです。絵に描いた餅では意味がありません。

【計画・構想・設計】に使える慣用句・ことわざ

■うかうか三十(さんじゅう)きょろきょろ四十(しじゅう)

うかうかと三十代を過ごし、四十になってから慌てるさま。人生も仕事も計画的に構想しておかねば、えらいことになります。

■飛ぶ鳥の献立(とぶとりのこんだて)

手に入れてないのに計画を立てること。捕らぬ狸の皮算用と同じ。確実な設計図を描きましょう。

■図南の翼(となんのつばさ)

遠い場所で大きな事業を成し遂げようとする計画や志のこと。計画は確実な設計でなくてはなりませんが、少しくらい大きなゴールを目指すつもりでやりましょう。

■一年の計は元旦にあり

一年の計画は正月に。つまり事業計画だろうが何だろうが、最初にしっかりと計画を立てろ、ということですね。

■将を射んとせば先(ま)ず馬を射よ

目標達成のためには、まず周囲から攻めよという意味。闇雲に突っ走るのではなく、ある程度構想を練ってから動くべし、ということですね。

スポンサードリンク


【計画・構想・設計】に使える四字熟語

■深謀遠慮(しんぼうえんりょ)

深く考えて、遠い未来のことを見通した周到綿密な計画を立てること。

■万全対策(ばんぜんたいさく)

完璧な計画のこと。最初が肝心です。

■知小謀大(ちしょうぼうだい)

知識・見識もないのに大きな計画を立てること。それはただの無謀です。

■蚤知之士(そうちのし)

流れを見通すことが出来る人のことです。先見性がないと計画は頓挫(とんざ:実行出来なくなること)し、継続することが難しくなります。しっかりと見通せる力を備えましょう。

■一意専心(いちいせんしん)

ひとつの事に集中して他には目もくれない状態のこと。日々生きていますと、あれもこれも、と目移りしたりして結局自分が何を目指していたのか分からなくなります。一つを選ぶということは他方は捨てることです。目指す場所をしっかりと見据えた計画を立てましょう。

■三思後行(さんしこうこう)

三たび考えて実行する、ということ。実行する時はよく考え、綿密に構想を練って実行せよということ。

【計画・構想・設計】に使える偉人の言葉

■行動無き計画は消え去る夢に過ぎないことを悟りなさい オグ・マンディーノ(米国の自己啓発書作家)

頭の中で描いているだけの空想の計画はまさに絵に描いた餅です。計画を立てたら、それに向かって実行せねば意味がありません。

■楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する 稲盛和夫(京セラ創業者)

この場合の「悲観的に」というのは、「最悪の場合を想定しつつ」という意味でしょう。リスクマネジメントを考えた計画でなければ、いざ事が起きた時に慌てふためくことになります。しっかりとしたプランを。

■想定の範囲内 堀江貴文

しょっちゅうこの言葉を使っていましたね。「構想を練る」というのは、実際にそれくらい想定しておかねば敗北してしまいます。逆に、そうでなかったとしてもそのくらい強気で乗り切る必要があります。

■世界で最も哀れな人とは、視覚はあるのに、ビジョンがない人です。 ヘレン・ケラー

三重苦の人生を生き抜いたヘレンケラーだからこその重い言葉です。常に人生設計のビジョンを持って仕事をしましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です