謝罪・陳謝

スポンサードリンク

【謝罪・陳謝】を使った文章例

■いかに早く謝罪できるかがカギ

間違いであることに気付いたら、いかに早い段階で詫びを入れるかどうか、が重要です。

■順番を間違えるな

まずは謝罪、その後で理由、です。もしくは「○○の理由でこうなりました、申し訳ございません」というように一文で「陳謝」すべきです。

■社外での詫び言葉

「すみません」⇒「失礼いたしました」、「ミス」⇒「不手際」など、普段使ってしまいそうな言葉で、ビジネスシーンに欠かせない言葉がたくさんあります。同じ謝罪でも言葉を間違うと、せっかくの謝罪の心が台無しになってしまいます。せめて知識として入れておきましょう。

【謝罪・陳謝】に使える慣用句・ことわざ

■過ちては改むるに憚ること勿れ(あやまちてはあらたむるにはばかることなかれ)

過ちに気付いたらすぐに改めるべきだ、という戒め。一刻も早く謝罪した方が傷が浅くて済みます。

■過ちて改めざる是を過ちと謂う(あやまちてあらためざるこれをあやまちという)

子曰く、から始まる論語から抜粋。過ちを改めないこと、それが過ちだ、との教え。過ちを改める前にまず謝罪です。

■七重の膝を八重に折る(ななえのひざをやえにおる)

とても丁寧な態度で謝罪すること。

■遅れてもやらないよりはまし

英語の格言「Better late than never.」の和訳です。謝罪だけではなく、何にでも当てはまりますね。

■人の振り見て我が振り直せ(ひとのふりみてわがふりなおせ)

人の言動を参考に自分の振る舞いを改めよ、という教え。自分が悪い時はすぐ謝罪をしている人を参考にしてみましょう。必ず大人物になっているはずです。

スポンサードリンク


【謝罪・陳謝】に使える四字熟語

■平身低頭(へいしんていとう)

地面に頭をつけてひれ伏すさま。どうせなら頭を低くして謝罪しましょう。

■朝過夕改(ちょうかせきかい)

過ちをすぐ改めること、その様子。

■三拝九拝(さんぱいきゅうはい)

何度も頭を下げ敬意を表すこと。謝罪には敬意も込めて。

■廉頗負荊(れんぱふけい)

心の底から謝罪すること。廉頗という中国戦国時代の将軍が、自らを恥じて謝罪した出来事に由来。

■肉袒負荊(にくたんふけい)

心から謝罪すること。肉袒とは服を脱ぐこと、負荊とは棘(イバラ)で打たれること。よって、服を脱いで罰を願うこと。

【謝罪・陳謝】に使える偉人の言葉

■恨みを抱くな。大したことでなければ、堂々と自分の方から謝ろう。頑固を誇るのは小人の常である。にっこり握手して自分の過ちを認め、いっさいを水に流して出直そうと申し出てこそ、大人物である。 デール・カーネギー(アメリカの作家、牧師)

どちらが悪いか分からない時でも、まず折れて謝罪してみましょう。これに上から目線で言ってくるようなら、その人は小物ですから相手にせずとも良いでしょう。

■アノネ お礼とおわびは速いほうがいいよ。おそくなると余計なべんかいをしなければならないからね 相田みつを

詫びを入れるならば、早い方が効果的です。

■人間は全て謝ったものなり、ただ過ちを固守するは愚者なり。 マルクス・トゥッリウス・キケロ(ローマ末期の政治家)

人間は過ちを犯すものですが、それを認めず謝りもせず、過ちを認めないのが一番愚かです。

■みんながセリーナを応援していたことを知っている。こんな終わり方ですみません。 大坂なおみ

2018全米テニスで、自国の選手、セリーナ・ウィリアムスを破って優勝した時の言葉。「謝罪」とは、保身のためではなく「相手への気遣い」だ、と教えてくれる言葉ですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です