安心・不安・心配

スポンサードリンク

【安心・不安・心配】を使った文章例

■心を安らかに

心を安らかに穏やかな毎日を過ごせていますか。仕事をしている以上、戦いなのですが、それでも穏やかでいる必要があります。その理由は心が乱れていると、普段通りに実力を出せないからです。

■心配症は疲れるだけ

まだ結果の出ていないことを心配しても意味が無いどころか、疲れてしまうだけ損です。

■不安な気持ちになる理由

簡単なところで言うとマイナス思考が原因でしょう。悪い方向にばかり考えていますとそりゃあ不安にもなるってもんです。

【安心・不安・心配】に使える慣用句・ことわざ

■幽霊の正体見たり枯れ尾花(ゆうれいのしょうたいみたりかれおばは)

不安な気持ちでいると、枯れ尾花(枯れたススキの穂)すら幽霊に見えてしまう、という意味。

■急いては事を仕損じる(せいてはことをしそんじる)

急いでことに当たっても失敗してしまう、という意味。不安で焦る気持ちを抑えて落ち着きましょう。

■急がば回れ(いそがばまわれ)

急いでいる時こそ安心できる道を選べ、という教え。気持ちが焦っている時こそ回りましょう。

■石橋を叩いて渡る(いしばしをたたいてわたる)

割れるはずのない石の橋を叩いて渡るほど用心すること。そこまで不安にならないように。

■他人の疝気を頭痛に病む(たにんのせんきをずつうにやむ)

疝気とは下腹部の病気のこと。他人の疝気から自分が頭痛になってしまうことから、関係のないことで心配すること。考えすぎですね。

スポンサードリンク


【安心・不安・心配】に使える四字熟語

■暗雲低迷(あんうんていめい)

悪い状態が続く前途多難なこと。心配になってしまう状態。低迷するのですから、飛躍(低迷の対義語)だってあります。

■五里霧中(ごりむちゅう)

五里にもわたる深い霧の中にいるさま。状態や手がかりもつかめない不安な様子。しかしいずれ霧は晴れる。

■五風十雨(ごふうじゅうう)

世の中が平穏無事、安泰であること。心が穏やかで安心できる毎日を送りましょう。

■疑心暗鬼(ぎしんあんき)

疑い出すと全てが疑わしくなること。疑わなければ不安に襲われることはありません。

【安心・不安・心配】に使える偉人の言葉

■心配とは、行動の不足から起こるものである。 野村 克也

普段そこそこ完璧にこなせていることですら、本番になると不安になったりするものです。不安にならないように準備しておきましょう。

■今後のことなんかは、ぐっすりと眠り忘れてしまうことだ。 ウィリアム・シェイクスピア

心配や不安など忘れてしまいましょう。

■不安な心には、茂みが熊に見えてしまうのです ウィリアム・シェイクスピア

何でもないことが不安な心が大げさに見せてしまいます。

■漠然とした不安は、立ち止まらないことで払拭される 羽生善治

不安で立ち止まりそうになりますが、とにかく進み続けることで安心出来ることもあります。

■心配とは、影でしかないものを、消極的な思考態度で想像することです ジョセフ・マーフィー

消極的な思考は心配を生むだけです。

■不安・心配というものは、現実に起きてもいないことのためにクヨクヨと考えているものです。それはあなたの生命力を消耗させるだけで、何の得にもなりません ジョセフ・マーフィー

不安や心配は意味がないだけではなく、損ばかりしていますのですぐにやめましょう。

■悩んでも悩まない、そういうように感じることができれば、人生は決して心配することはない 松下幸之助

心配したり悩んでばかりいなければ、人生などイージーモードです。

■焦ることは何の役にも立たない。後悔はなおさら役に立たない。焦りは過ちを増し、後悔は新しい後悔をつくる ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(ドイツの詩人)

焦ってもミスするばかりです。不安を払拭(ふっしょく)しましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です