完全・完璧

スポンサードリンク

【完全・完璧】を使った文章例

■この世に「100%」はたったひとつ

「万物が必ず滅びる」という以外に、この世に「完全・完璧」は存在しません。しかし「仕事」に関しては完璧を目指さねばなりません。特に人の命を預かる仕事、一人のミスで全員に迷惑をかける仕事、など。

■マクロでなくミクロな視野

あまり大きな視野で見すぎますと、あれもこれも出来なければ完璧になれない、と大きなプレッシャーを抱えることになります。まずは1つ1つクリアしていきましょう。その1つ1つの塵も積もればなんとやら、です。

■不完全であることを言い訳にするな

「少々ミスしたくらい良いじゃないか」。「だって人間だもの」的なことから言いますと、確かに少々のミスは仕方ありません。しかしそれを言い訳にしてはなりません。完全であることを目指しつつ、なかなかそうなれない。そのことに人間は葛藤して生きているのです。

【完全・完璧】に使える慣用句・ことわざ

■常山の蛇勢(じょうざんのだせい)

戦いにおいて、全ての陣が互いに連携し合っている、完全で隙のない陣のこと。

スポンサードリンク


【完全・完璧】に使える四字熟語

■完全無欠(かんぜんむけつ)

すべて完全で欠点のないこと

■完全無比(かんぜんむひ)

比べるものが無い程完全なこと。

■徹頭徹尾(てっとうてつび)

最初から最後まで隙なく完全であること。

■十全十美(じゅうぜんじゅうび)

完璧で欠点のないさま。

■完全遂行(かんぜんすいこう)

やるべきことを完全に行なうこと。

■金甌無欠(きんおうむけつ)

完全で欠点がない様子。「金甌無欠を誇る」などのように使う。

【完全・完璧】に使える偉人の言葉

■完璧を目指すよりもまず終わらせろ マーク・ザッカーバーグ

とりあえず完璧を目指しすぎて中途半端で終わるくらいなら、さっさとまずはゴールを目指してみる方が良かったりします。

■一方はこれで十分だと考えるが、もう一方はまだ足りないかもしれないと考える。そうしたいわば紙一枚の差が大きな成果の違いを生む 松下幸之助

少しでも、より完全を目指すか否かで、数年後に大きな差が開いています。

■完璧な人ではなく、完璧な自分になる。 ジム・ドノヴァン(講演家)

自分自身の最高レベルの「完璧」を目指しましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です