情報・データ・ニュース

スポンサードリンク

【情報・データ・ニュース】を使った文章例

■情報には敏感であれ

情報に対して常に敏感でなくてはなりません。もう面倒臭いのでよく分からないけど良い、と放置していることがたくさんありませんか。広範囲をカバー出来るアンテナを立てておきましょう。ただし情報に振り回されるのは以ての外です。正しいものを取捨選択出来る技術も身につけましょう。

■戦国時代も情報戦

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康は特に情報戦に長けていたと言われています。天下をとる人間も情報を大切にしてきました。現在もデキる人間ほど様々な情報を入手し、大概の事には精通しています。さすがにアイドルのメンバーの名前まで言えなくとも良いとは思いますが、それくらい情報ツウを目指すくらいの気持ちが大切でしょう。

■受信も発信も注意

情報の受発信には技術が必要です。発信者の嘘に「責任を獲れ」は少し責任転嫁な気もします。もちろん発信側も注意せねばなりませんが、受信する側もそれなりに覚悟を持って受信せねばならないという事です。それほどに情報に溢れている情報化社会だということです。情報リテラシー(情報を使いこなす能力)を身につけましょう。

【情報・データ・ニュース】に使える慣用句・ことわざ

■アンテナを張る

あらゆる手段・方法を用いて情報を集めること。この『超』情報化社会で情報を集めてそれを生かしていくことは、ビジネスマンにとって非常に大切なことです。

スポンサードリンク


【情報・データ・ニュース】に使える四字熟語

■飛耳長目(ひじちょうもく)

遠くのことを聞いたり見たりする、観察力に優れていること。あるいは情報収集能力に長けていること。

■情報格差

デジタルデバイドとも。コンピューターやネットを使いこなせるものとそうでないものにある格差のこと。逆に言えば、こんな言葉が出来るほど情報は大切ということ。

■情報革命

情報が開拓されることで生活が変わること。今はまさに情報革命時代です。

■情報化社会

様々な資源やモノと同じくらい、情報が大切な価値をもっている社会であること。

【情報・データ・ニュース】に使える偉人の言葉

■経営者と知識労働者にとっての唯一のツールは情報である。 ピーター・ドラッカー

どんなに頑張っても情報が無い状態では行き当たりばったりです。

■技能、情報、知識は道具にすぎない。 ピーター・ドラッカー

どんなに情報を大量に仕入れていても、それを生かさねばただの飾りです。

■山ほどある情報から自分に必要な情報を得るには「選ぶ」より「いかに捨てるか」のほうが重要なのである。 羽生善治

無料でたくさんの情報を得ることが出来る時代だからこそ、捨てることがいかに大切かということです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です