5月7日・8日、両日共更新が遅くなります。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

礼儀・マナー

スポンサードリンク

【礼儀・マナー】を使った文章例

■ビジネスマナーや礼儀作法を身につけましょう

礼儀正しさ・マナー、いずれも結局は相手に対する『思いやり』でもあります。ビジネスマナーも同じです。さまざまなビジネスマナーを携帯しておきましょう。
★覚えておきたいビジネスマナーはこちら。

マナー大国ニッポン

ご存じのように、日本はマナーなどに非常にうるさい国です。それは決して悪い事ではありませんが、逆に言えば、マナー、つまり行儀作法を知らない人は信頼を得難いとも言えます。ビジネスマンたるもの、当たり前のマナーを身につけておかねばなりませんので、常日頃から意識しておきましょう。

スポンサードリンク

【礼儀・マナー】に使える慣用句・ことわざ

■親しき仲にも礼儀あり(したしきなかにもれいぎあり)

どんなに親しい間柄でも、守るべき礼儀・マナーがある、という意味。

■三尺去って師の影を踏まず(さんじゃくさってしのかげをふまず)

弟子が師匠に従うときは、敬い礼を尽くせ、という教え。三尺下がって師の影を踏まずとも。

■衣食足りて礼節を知る(いしょくたりてれいせつをしる)

人は衣食など、生活に余裕があってこそ礼儀正しくなれる、という意味。

【礼儀・マナー】に使える四字熟語

■礼儀作法(れいぎさほう)

気配りや敬意のような、礼儀に関する行動。社会人として最低限身につけておかねばならないものですね。

■品行方正(ひんこうほうせい)

心や行いがきちんと正しいさま。礼儀正しい

■無礼千万(ぶれいせんばん)

この上なく失礼で礼儀を欠いている様子です。マナーは守りましょう。

■温良恭倹(おんりょうきょうけん)

穏やかで素直、恭しく(うやうやしく:礼儀正しく丁寧)、控えめで礼儀正しいこと。孔子の言葉。

■衣食礼節(いしょくれいせつ)

衣食住が豊かになり、物質的に不自由がなくなって初めて礼儀を知ることが出来る、という意味。「衣食足りて礼節を知る」という文章でよく知られています。

■三顧之礼(さんこのれい)

目上の者が格下の者に三度お願いをする、それほど礼に厚いという意味の故事成語(こじせいご)。

■克己復礼(こっきふくれい)

己の欲望などに打ち克(か)ち、規範、礼儀に正しい行いをすること。

■慇懃無礼(いんぎんぶれい)

丁寧すぎるとかえって無礼に感じる、という意味。慇懃尾篭(いんぎんびろう)ということもあります。

スポンサードリンク

【礼儀・マナー】に使える偉人の言葉

■私たちがみんなで、小さい礼儀作法に気をつけたなら、この人生はもっと暮らしやすくなる チャールズ・チャップリン(イギリスの映画俳優・監督)

1人1人がやるよりも、みんなで礼儀作法を大切にする意識をもっていましょう。

■いつ、いかなる時も、マナーを忘れてはなりません。それをないがしろにした途端、対人関係にヒビが入ります ジョセフ・マーフィー(アイルランドの宗教家・著述家)

マナー、礼儀作法は人間関係の基本中の基本です。常に忘れぬように心がけましょう。

■エレガントでありながら行儀を悪くする。つまり「くずす」には、まず第一に礼儀正しい基礎がなければならない ココ・シャネル(フランスのファッションデザイナー・シャネル創業者)

良い意味での「馴れ馴れしさ」は、ちゃんとした礼儀正しさあってこそです。

■礼儀作法は人間関係を滑らかにする。社会生活の潤滑油である 松下幸之助(松下電器産業創業者)

社会人にとって礼儀とは、強制的にでもつけておくべきものかもしれません。

■いかなる時でも、お辞儀はし足りないよりも、し過ぎた方がいい レフ・トルストイ(ロシアの小説家)

お辞儀やお礼なども礼儀のひとつ。わざとらしいのもダメですが、少ないよりは多い方が良いでしょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする