練習・反復・訓練・修行

スポンサードリンク

【練習・反復・訓練・修行】を使った文章例

■練習を侮(あなど)るなかれ

どうしても上ばかり見ている人は、練習や訓練を疎(おろそ)かにしがちです。下を見るのではなく「自分の足元」を見ることが大切です。まずは基礎固めをしっかりとやっておきましょう。

■修行出来ることに感謝

給料を貰いながら技術を学んでいるのですから、普通に考えれば感謝しなければなりません。感謝を伝えるには、その修行を一心不乱に頑張ることです。

■反復こそが最短のルート

一見遠回りに見えますが、反復することで「必ず」モノに出来ます。「あ、無理かも」と初見で思ったことでも、繰り返し反復することで必ず習得します。パッと見て「楽勝~」と思った時にも、同じように反復するクセをつけておきましょう。

【練習・反復・訓練・修行】に使える慣用句・ことわざ

■一日暖めて十日冷やす

一日だけ努力して十日怠けていては何の意味もないこと。反復こそが最短距離です。

■読書百遍義自(おの)ずから見る

何度も熟読すればどんな難しい書物も理解出来る、という意味。日々の練習がいかに大切か、ということです。

■木の長きを求むる者は必ず根本を固くす

大きく育つためにはまず基礎固めです。それを叶えるには練習・訓練しかありません。

■砂上の楼閣(さじょうのろうかく)

見た目は素晴らしくとも基礎がしっかりとしていなければ、必ずボロが出てしまいます。修行の身である内にしっかりと訓練をしておきましょう。上に立ったら恥をかきます。その前に上に立てないですね。

スポンサードリンク


【練習・反復・訓練・修行】に使える四字熟語

■一意専心(いちいせんしん)

一つのことに集中すること。まずは繰り返し練習することが大切です。。

■一行三昧(いちぎょうざんまい)

一つに定めて集中し、やり抜いていくこと。訓練は「迷い」を捨てねば効果はありません

■一暴十寒(いちばくじっかん)

何事も継続して修行しなければ、技術がモノにならないこと。

■一生懸命・一所懸命

どうせ修行しているのならば、一生懸命やらねば意味がありません。

■葦編三絶(いへんさんぜつ)

何度も何度も読書すること。書物の紐が3度切れるほど読書に没頭することから。同じことを反復することで自分のモノになります。

■愚公移山(ぐこういざん)

めげずに練習を頑張れば必ず達成すること。やれば必ず出来ます。

■面壁九年(めんぺきくねん)

長い間ひたすら努力すること。ちょっとやっただけでは意味がありません。練習は反復し修行し続けることが大切です。。

【練習・反復・訓練・修行】に使える偉人の言葉

■反復自体には創造性はないけれど、反復によって創造性の土壌ができるんだと思います。村上春樹

何度も繰り返すことによってその基礎が出来上がります。まずは繰り返し反復です。

■人は繰り返し行うことの集大成である.だから優秀さとは、ただ一度の行為でなく、習慣なのだ。アリストテレス

練習を繰り返すことで必ず技術は向上します。止めてしまうから意味のないものになってしまうだけです。。

■苦しいこともあるだろう。云い度いこともあるだろう。不満なこともあるだろう。腹の立つこともあるだろう。泣き度いこともあるだろう。これらをじつとこらえてゆくのが男の修行である。山本五十六

男の修行」という山本五十六の名言です。

■何事にも訓練が大切だ。桃も昔は苦いアーモンドだった。カリフラワーも大学教育を受けたキャベツに過ぎない。マーク・トウェイン

桃とアーモンド、カリフラワーとキャベツは分類上同種です。訓練すれば進化し成長していくのです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です