9月7日 キーワード別 偉人の言葉・ことわざに【不正・いんちき】を追加しました。

挑戦・チャレンジ

スポンサードリンク

【挑戦・チャレンジ】を使った文章例

■挑戦をやめた者に勝利はない

当たり前のことですが、挑戦を止めてしまったものには勝利は訪れません。それどころか後退の一歩を辿ります。人生とは挑戦の連続なのです。負ける事は仕方ありませんが、挑戦を止めてはいけない、いうことです。
挑戦を止めるのは停止ではなく後退【朝礼スピーチ25】

■挑戦とは勝利か敗北、そして成長を得る事。

挑戦することで勝利を掴む、もしくは敗北を喫する、あるいは引き分ける結果となります。しかし一番重要なのは、勇気をもって挑戦する事で精神的成長を遂げることです。精神的な成長は、長時間をかけて経験をするか、単に歳をとるか、挑戦する事でしか得られません。つまり短時間で強くなるには、挑戦するしかないのです。

■チャレンジ精神だけは絶対に忘れないように

この世にあるほとんど全ての事において、チャレンジ精神なくして成長も勝利も、そして意味もありません。ただの時間の浪費です。闇雲に挑んだところで何も残らないのです。例えば営業マンの心得として、「負けたって構わない。その時は次に行けば良い」という考え方もあるにはありますが、言葉が抜けています。「やれるだけやったなら負けたってかまわない、その時は反省をして次に行けば良い」ということです。挑戦とは『戦いを挑む』と書くのですから、気持ちごと挑まねばなりません。そうでないのならば逃げた方が遥かにマシ、まさに時間の無駄です。

スポンサードリンク

【挑戦・チャレンジ】に使える慣用句・ことわざ

■清水の舞台から飛び降りる(きよみずのぶたいからとびおりる)

京都の清水寺から祈願の為に飛び降りる人がいたことから、大きな決断をすることのたとえ。
清水の舞台から飛び降りたつもりで挑戦しましょう。」

■危ない所に登らねば熟柿は食えぬ(あぶないところにのぼらねばじゅくしはくえぬ)

リスクを恐れていては名声は得られないという意味。
「危ない所に上らねば熟柿は食えぬように、挑戦せねば勝利は来ません。」

■案ずるより産むが易し(あんずるよりうむがやすし)

心配するよりも、やってみたら案外スムーズに出来てしまうこと。
挑戦する前は色々悩ましいものですが、案ずるより産むが易しです。」

■当たって砕けろ(あたってくだけろ)

とにかく思い切ってやってみろ、ということ。当たって砕けよとも。
当たって砕けろでチャレンジしてみましょう。」

■三度目の正直(さんどめのしょうじき)

1回目や2回目は失敗しても3回目は確実に成功するという意味から、三度目は期待通りの結果を得る事が出来る、という教え。
「三度目の正直で、チャレンジしていきましょう。」

■危ない橋を渡る(あぶないはしをわたる)

危険を承知で危ない手段をとること。
「危ない橋を渡る事になっても挑戦していく覚悟を持ちましょう。」

【挑戦・チャレンジ】に使える四字熟語

■一六勝負(いちろくしょうぶ)

サイコロの一か六か、つまり博打のこと。
「結果など一六勝負、運で左右されますので結果を気にせずに挑戦しましょう。」

■真剣勝負(しんけんしょうぶ)

武士が木刀や竹刀ではなく真剣で勝負をする事から、遊び半分ではなく本気の勝負を挑むこと。
真剣勝負のつもりで挑戦しましょう。」

■緊褌一番(きんこんいちばん)

褌(ふんどし)を固く締め、気合を入れて勝負に臨む、という意味。
緊褌一番で挑戦しましょう。」

■一擲千金(いってきせんきん)

一度に大量の金を使うこと。思い切った行動に出ること。
「一擲千金のごとく、思い切ってチャレンジしましょう。」

■全力投球(ぜんりょくとうきゅう)

投手が全ての力を白球に乗せて打者と勝負することから、全ての能力を注いで事に当たること。
「例えばピッチャーが全力でボールを投げたら10割抑えられる、としましょう。それを8割の力で投げたら8割抑えられるか?否、絶対に抑えられません。少しでも力を抜くとスピード、角度、タイミングなどいろんな所が絡み合って、結果半分ほどの能力しか出せなくなるでしょう。挑むならば全力投球で。」

■大死一番(だいしいちばん)

今までの自己をなげうち、死んだつもりで奮起する、という意味。そのあとに。絶後再蘇(ぜつごにふたたびよみがえる)と続く禅の教え。
大死一番の気持ちでチャレンジしましょう。」

スポンサードリンク

【挑戦・チャレンジ】に使える偉人の言葉

■1000回の憧れより、たった1度の挑戦のほうがずっと価値がある。 サミュエル・スマイルズ(イギリスの作家・医者)

1000回も何もせず空想に浸るよりも、1度の大失敗だった挑戦の方が必ず肉となり血となります。やるかやらぬか、で天地の差があります。

■人生に挑戦するのに年齢なんて関係ない。そもそもこの世に時間などない。それは人間が勝手に作ったものだ。私は時計師だからそのことがよくわかる。 フランク・ミュラー(スイスの時計師・フランク・ミュラー創業者)

何歳になっても挑戦する事に二の足を踏まないようにしましょう。時間はないとの事ですが、残念ながらサラリーマンとしては『期限』が存在します。早くやらねば必ず後悔します。

■挫折を経験した事がない者は、何も新しい事に挑戦したことが無いということだ。 アルベルト・アインシュタイン(ドイツの理論物理学者)

新しい事に挑戦すれば必ず挫折がやってくる。それが当たり前の世の中ですので、覚悟も必要なし。ただ自分に従って挑戦あるのみ、です。

■心を尽くし、力を尽くして望めば、望んで獲得できなものはないし、挑戦して成功しないものなどないのだ。 吉田松陰(幕末の思想家・教育者)

心の底から望み、その為の努力を惜しまずに挑戦し続けていれば、必ず成功に辿り着きます。

■私は失敗を受け入れることが出来る。しかし、挑戦しないことだけは受け入れられないのだ。 マイケル・ジョーダン(元NBAプロバスケットボール選手)

挑戦しない人生など、失敗続きの人生よりも遥かにつまらない人生となります。

■過去には帽子を脱いで敬意を表し、未来には上着を脱いで立ち向かいなさい。 クレア・ブース・ルース(アメリカの劇作家・政治家)

未来へ続く道の後方は当然ながらそこへと続く過去。その過去があったからこそ今があり、未来があります。その敬意を払うべき過去と共に未来へ立ち向かい、挑戦し続けていきましょう。

■新しいことに挑戦するときに、もっとも大切なことは、現在の自分の能力を考慮して、できるかできないかを予測することではなく、「やる気」があるかないかである。これを忘れてはならない。 斎藤茂太(精神科医)

やってみよう、と思ったなら挑戦すべきです。

■人生はどちらかです。勇気をもって挑むか、棒にふるか。 ヘレン・ケラー(アメリカの作家・重複障碍者)

せっかく生まれてきたのだから、挑戦しなければもったいないです。

■守ろう、守ろうとすると後ろ向きになる。守りたければ攻めなければいけない。 羽生善治(棋士)

攻撃こそ最大の防御、ということでしょうか。攻めるのは恐怖が伴いしんどいですが、守っているよりマシです。

■大胆に挑戦すれば、世界は必ず譲歩する。チャレンジし続けよう、困難のほうが屈服するまで。 ウィリアム ・メイクピース・サッカレー(イギリスの小説家)

とにかく挑戦をやめるなということです。そうすればきっと向こうが折れてくれます。その際に、どうせやるなら大胆にやることが大事です。

■人は何度やりそこなっても、「もういっぺん」の勇気を失わなければ必ずものになる。 松下幸之助(松下電器産業創業者)

一度倒れたら起き上がるのは大変な心労を伴います。しかしもう一度挑戦する勇気を持てば「必ず」成功します。つまり強い精神力がなければ挑戦し続けるのはしんどい、とも言えます。

■決してギブアップしないヤツを打ち負かすことだけはできない。 ベーブ・ルース(元メジャーリーガー)

負けを認めさえしなければ、一生負ける事はありません。つまり、挑戦し続けることが肝要です。

■チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。 本田宗一郎(本田技研工業創業者)

「こうやってこうすれば出来るはずなんだけどね」、と口にはするが、全く挑戦しない人ほどみっともないものはありません。口にしたことは必ずやりましょう。

神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。ただ、挑戦することを望んでいるだけよ マザー・テレサ(カトリック教会修道女)

挑戦した結果敗北があるだけで、挑戦しなければ敗北もありません。勝負から逃げていては成功もありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする