勝負・挑戦・勝利

スポンサードリンク


【勝負・挑戦・勝利】を使った文章例

■挑戦をやめた者に勝利はない

当たり前のことですが、挑戦を止めてしまったものには勝利は訪れません。それどころか後退の一歩を辿ります。人生とは挑戦と勝負の連続なのです。負ける事は仕方ありませんが、挑戦を止めてはいけない、いうことです。
挑戦を止めるのは停止ではなく後退【朝礼スピーチ25】

■ここぞと言う時に勝利する

いざという時にこそ勝利を収めたいものです。そのためにも小さな敗北を重ねて経験値を上げておくことが必要です。
肝心な時に勝利する【朝礼スピーチ26】

■時の運だけに任せるな

大切なのは勝負に対する「準備」がしっかりと整っている状態での「勝負は時の運」ということです。単なる運任せという意味ではないことを忘れずに。
勝負は時の運【朝礼スピーチ27】

■気持ちだけでも勝つつもりで

端から負ける事が分かっていても、勝つつもりでやらねば絶対に勝つことはないです。偶然勝つこともあるかもしれませんが、それはただのラッキーであって実力ではありません。挑戦とは「戦いを挑む」ことなのですから。

■挑戦あるところに勝利あり

挑戦しないのに勝利など獲得出来る訳がないのは、言われるまでもなく誰でも考えれば分かることです。しかし「負ける事に精神が耐えられない人間」、つまりプライドの塊である人は、いっそ挑戦をやめよう、と尻込みしてしまいます。そうすれば敗北しないで済むのですから。挑戦とは負ける事をいとわない精神力の他なりません。

【勝負・挑戦・勝利】に使える慣用句・ことわざ

■案ずるより産むが易し

やってみたら案外スムーズに出来てしまうこと。やる前はあれこれと考えて「どうしよう、出来るかな」と悩むだけ悩んでなかなかやらない、そんな経験があるでしょう。しかし、やってみたら案外スラスラと進んでいくもんです。まずは考える前に実行してみましょう。

■当たって砕けよ

やってみてダメだった、というような事は何も心配することなどありません。失敗しても良いから、挑戦することが大事。やらない事の方が大問題です。

■勝負は時の運

やる事をきっちりやって準備も万全ならば、もう勝負は時の運です。勝ち負けなど気にせずぶつかっていきましょう。

■負けるが勝ち

時には相手に譲って負けておいた方が自分にとって有利な事もあります。それも勝負のコツのひとつです。自分の非を認めず、頑(かたく)なに頭を下げないよりも、さっさと間違いを認めて詫びを入れておいた方が、その場は負けかもしれませんが、評価そのものは上がる事の方が多いもんです。最終的に勝利すれば良いだけです。

■負け犬の遠吠え

勝負に負けたならキレイに負けを認めましょう。終わった後でガタガタ言い訳する事ほどみっともないものはありません。勝負するなら潔(いさぎよ)くいきましょう。

■三度目の正直

二回失敗しても三回目に成功すれば良いのです。失敗など恐れるに足りません。しかし「二度ある事は三度あるじゃないか」と言う人もいるでしょう。それは勝利が二度ある時は三度ある、と考えときましょう。

スポンサードリンク

【勝負・挑戦・勝利】に使える四字熟語

■全力投球

例えばピッチャーが全力でボールを投げたら10割抑えられる、としましょう。それを8割の力で投げたら8割抑えられるか?否、絶対に抑えられません。少しでも力を抜くとスピード、角度、タイミングなどいろんな所が絡み合って、結果半分ほどの能力しか出せなくなるでしょう。勝負は常に全力でやることです。

■力戦奮闘(りきせんふんとう)

勝負事は全力で、かつ気持ちも奮い立たせねばなりません。両方が揃って初めて持てる能力の100%を出せるものです。気力・体力共に充実させねば、拾える勝利を取りこぼすことになります。

■百折不撓(ひゃくせつふとう)

何度失敗しても絶対に志を曲げないことを百折不撓といいます。勝利するまで挑戦し続ける事が大切なんです。例えばこんなクイズがあります。
ある民族が雨乞いをすると必ず雨が降るという。一体何故か。
答えは「雨が降るまで雨乞いをするから」。諦めない事が肝心なんです。

■大死一番(だいしいちばん)

今までの自己をなげうち、死んだつもりで奮起する、という意味。そのあとに。絶後再蘇(ぜつごにふたたびよみがえる)と続く禅の教えです。もうこれで死んでも構わない、と死を覚悟した奴は無茶苦茶強いもんです。実際に死んでしまってはダメですが、そのくらいの覚悟で望めば自ずと勝利が舞い込んでくるもんです。

【勝負・挑戦・勝利】に使える偉人の言葉

■大胆に挑戦すれば、世界は必ず譲歩する。チャレンジし続けよう、困難のほうが屈服するまで。 ウィリアム ・サッカリ

とにかく挑戦をやめるなということです。そうすればきっと向こうが折れてくれます。その際に、どうせやるなら大胆にやることが大事です。

■人は何度やりそこなっても、「もういっぺん」の勇気を失わなければ必ずものになる。 松下幸之助

一度倒れたら起き上がるのは大変な心労を伴います。しかしもう一度挑戦する勇気を持てば「必ず」成功します。つまり強い精神力がなければ挑戦し続けるのはしんどい、とも言えます。

■決してギブアップしないヤツを打ち負かすことだけはできない。 ベーブ・ルース

負けを認めさえしなければ、一生負ける事はありません。つまり、挑戦し続けることが肝要です。

■チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。 本田宗一郎

「こうやってこうすれば出来るはずなんだけどね」、と口にはするが、全く挑戦しない人ほどみっともないものはありません。口にしたことは必ずやりましょう。

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議な負けはなし 剣豪 松浦静山

これは野村克也氏の言葉として有名ですが、実は江戸中期の大名であり、心形刀流(しんぎょうとうりゅう)剣術の達人である松浦静山(せいざん)の「剣談」という剣術書が出典です。たまたま勝利することはあるが、運悪く負けることなどありません。負けには必ず理由がある、という教えです。負けた時にはしっかりとした分析をして、また次のチャレンジに生かさねばなりません。

勝利は、もっとも我慢強い人のものである。 ナポレオン・ボナパルト

辛い時にいかに我慢できるか、そしてその状況に耐えられた者へのご褒美が「勝利」です。故に我慢できない者に勝利は訪れないのは当たり前だということです。

強い人が勝つとは限らない。素晴らしい人が勝つとも限らない。私はできる、と考えている人が結局は勝つのだ ナポレオン・ボナパルト

前を向いている者にしか勝利はやってきません。強くなくても素晴らしくなくても、自分を信じ続けることを止めないことです。そうすれば必ず勝利します。

神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。ただ、挑戦することを望んでいるだけよ マザー・テレサ

挑戦した結果敗北があるだけで、挑戦しなければ敗北もありません。勝負から逃げていては成功もありません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です