サボると後が大変【朝礼スピーチ29】

1日1歩、進むのをサボると相手は1歩先にいます。その差は1歩ですが、次の日追いつこうとするならば2歩前へ進まねばなりません。それは次の日相手も1歩進んでいるからです。では1歩進むのをサボる人間が2歩進めるのでしょうか。

スポンサードリンク


まず取り戻せない、と考えるべき

 サボりグセのある人は、この「差が開く」という感覚が鈍い傾向にあります。そして自信過剰者に多く、「簡単に取り戻せる」と考えがちです。

 しかし実際はそう簡単ではありません。特にスポーツをしてきた人は、この「差を埋める難しさ」を経験した方が多いのではないでしょうか。このことからも優秀なスポーツ選手だった方は、基本的にはサボらない傾向にあるようです。

言い訳上手もまた同じく

 「自分への言い訳」がとても上手な者も、同じような傾向にあります。この手の方は焦りを感じませんので、というよりも焦りを上手く誤魔化してしまうので、簡単に取り戻せる、と考えてしまいます。

スポンサードリンク


ガツガツ前に進め

 「譲る」場合はもっと差が付いてしまいます。例えばAとBが「1000円」ずつ持っています。AがBに500円あげたら差は500円ではなく「1000円」になってしまいます。

「譲って出遅れる」とはそういうことなのです。親切心を出すのなら倍以上の苦労を覚悟しておかねばならない。それが出来ぬなら下手な仏心など不必要と言えます。

つまり、ある程度はガツガツと前に進んでいかねばなりません。遠慮などしている場合ではないのです。

 以上の事から人生とは、遠慮することなく前進あるのみなのです。ただし「遠慮しない=わがまま」とは違う事をお忘れなく。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です