努力・成果

スポンサードリンク


【努力・成果】を使った文章例

そこは本当に行き止まりか?

今まで生きてきて、努力をしたことがない人間など皆無です。必ず小さくとも努力はしているはずです。しかし自ら限界を作り、そこで諦めてしまっていると当然努力など出来ません。まずはその限界を外しましょう。
そこは本当に行き止まりか?【朝礼スピーチ48】

■現状に満足するな

現状に満足してしまった途端に成長が止まります。なぜならば努力をやめてしまうからです。どんな頂に登ろうとも、現状に満足してはなりません。また次の頂を目指して弛(たゆ)まぬ努力を続けていきましょう。
現状に満足するな【朝礼スピーチ49】

■努力は決して裏切らない

必ず努力した分だけ前進します。これだけは不変の事実です。報われないこともあるでしょう。しかし努力が裏切ることは「絶対」にありません。分かっていて出来ないのはなぜか、それは途中で諦めてしまうからです。自分を信じることです。
努力は決して裏切らない【朝礼スピーチ50】

【努力・成果】に使える慣用句・ことわざ

■勤勉は成功の母(きんべんはせいこうのはは)

イギリスの教訓、ことわざ。勤勉とは一生懸命励むこと。努力こそが成果に繋がる最短の方法です。

■寸暇を惜しむ(すんかをおしむ)

少しの時間も惜しむこと。時間は有限です。「もったいない精神」で努力を惜しまずに

■蒔かぬ種は生えぬ(まかぬたねははえぬ)

種を蒔かないことには芽が出ないのと同様に、努力をしないことには成果が出ません

■為せば成る(なせばなる)

やれば出来る、という意味ではなく、本気で努力すれば必ず出来る、という意味。

■流れる水は腐らず(ながれるみずはくさらず)

常に努力をしていれば必ず成果が出る、という意味。これは不変の事実です。

■蟻の思いも天に昇る(ありのおもいもてんにのぼる)

アリの様な小さな存在でも、努力していれば必ず成果が出る、という意味。

■鉄の草鞋で尋ねる(てつのわらじでたずねる)

鉄製のワラジの底などは磨り減ることがない、ということから、根気よく探し回れ、という意味。

■上手昔より上手ならず(じょうずむかしよりじょうずならず)

上手な人は昔から上手ではない、という意味。努力と苦労を重ねた結果が目の前の「上手」なだけです。

■玉磨かざれば光なし(たまみがかざればひかりなし)

どんなに素晴らしい宝石も、磨かなければ光らない、という意味。どんなに素晴らしい才能を持っていても、努力せねば光らない

■使っている鍬(くわ)は光る

常に使って手入れいている鍬が光っている、という意味。才能も同じく、努力し続けねば光らないし、立派にはなれません。

■河童も一度は川流れ

泳ぎの達者な河童ですら最初から泳げるわけではありません。その先にある名人の域に達するためには努力が必要なのです。まずは誰でも素人から始まっています。

■転がる石には苔(こけ)が生えぬ

転がっている石にはコケが生える暇がありません。いつも努力している人は健康で生き生きとしています。常に努力をし続けることが大切です。

■玉磨かざれば光なし

最初から光っている石などありません。ダイヤモンドですら磨くから光るのです。自分の可能性を努力によって大きく進展させることが出来ます。「自分は努力さえ怠らなければ光っていた石だった」、などと自分で言いだす人もいるが、もっとも情けないことです。

■蛍雪の功(けいせつのこう)

苦労して努力を重ねた結果、勝ち得た成果のこと。そうでない成果はただの幸運でしかありません。努力して勝ち得たものは後からしみじみと心に沁みるものです。

■骨折り損の草臥れ(くたびれ)儲け

努力の甲斐も無く結果が報われないこと。仕事に骨折り損の草臥れ儲けなどありません。「努力はしてみたが失敗した・やっても意味がない」という経験が残ります。これは必ず次に生きてきます。

スポンサードリンク

【努力・成果】に使える四字熟語

■駑馬十駕(どばじゅうが)

足が遅い馬も十日かければ速い馬の一日分に追いつく事が出来る、という意味。才能が劣っている人間であろうとも、努力さえ続けていれば必ず追いつく事が出来る、ということです。

■雲外蒼天(うんがいそうてん)

今は雨でもやがて晴れる、転じて、努力していれば必ず良いことがやってくる、というたとえ。

■愚公移山(ぐこういざん)

大変な事も努力し続ければ必ず結果が出せる、という意味。

■困知勉行(こんちべんこう)

才能が無くとも努力で何とかなるもの、という意味。

■刻苦勉励(こっくべんれい)

力の限りを尽くし努力すること。長い人生一度くらい力の限りつくしてみましょう。

■万里一空(ばんりいっくう)

世界のどこにいても空は同じ。どんな場所にいても、どんな状態に陥ろうとも、見上げればいつも見えている。どんな状態に陥ろうとも、目標は必ず目の前に存在します。それを見失わずに努力していきましょう。宮本武蔵の「五輪書」にも出てくる言葉です。

■冥冥之志(めいめいのこころざし)

「人知れず努力をしようとする心」という意味。努力をしている人は、大抵その自分の努力を口にしたりしないものです。上司に努力している姿を見てもらおう、とアピールのためにしている努力は努力とは言いません。こっそりとしている努力を必ず見てくれている人がいるものです。しかしそれを「努力」だと判定するのは自分自身ではなく他人だということも忘れてはなりません。

■百錬成鋼(ひゃくれんせいこう)

何度も心身を鍛えることによって初めて立派な人間になれます。ちょっと努力しただけでは結果は出ないものです。少しずつでも良いから努力を続けていきましょう。

■一所懸命・一生懸命(いっしょ(う)けんめい)

誰もが知る言葉ですが、実際に心底一所懸命やっている人は多くないはず。努力とは命懸げでやり尽くすことです。

■奮励努力(ふんれいどりょく)

目標に向かって奮い立ち、努力していくこと。ただ闇雲に漠然と「努力」をしよう!と思っても実感が無いはずです。まずは目標を立て、そこに向かうには努力が必要だ、ということです。

■積土成山(せきどせいざん)

誰しも努力さえしていれば必ず結果が出るという言葉。それが分かっていながら、疲れてしまって途中で辞める人が大勢います。逆に言えば努力していれば必ず抜きん出る、ということです。

【努力・成果】に使える偉人の言葉

■ひとつ余分に頑張ろう 勝海舟

人と同じことをしていては努力しているとは言えません。人より一歩前に出るには、余分に努力せねばなりません。

■生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。しかし、生まれつきの才能がない者は、何とか技術を身につけようと日々努力する。心構えがまるで違う。これが大事だ 織田信長

何でもそこそこ出来る器用貧乏よりも、出来ない人が努力するからこそ才能を開花させます。

■力や知性ではなく、地道な努力こそが能力を解き放つ鍵である ウィンストン・チャーチル

生まれ持った凡才に諦めてしまうのではなく、努力してこそ非凡を発揮します。

■誰もが才能を持っている。でも能力を得るには努力が必要だ。 マイケル・ジョーダン

努力もせずに高みへ行けるはずがありません。まずは努力、その結果どうなのか、で判断しましょう。

■あとから来たのに追い越され、泣くのが嫌ならさあ歩け 水戸黄門エンディングテーマ

「ああ人生に涙あり」という歌です。あとで泣くのが嫌なら努力しかない、と歌っています。社会人は前に進むしか、やるしかないのです。

■「努力」より先に「成功」が出るのは辞書の中だけ 発言者不明

成功するために努力をするはずが、先に成功した自分を見過ぎると現状とのギャップにやる気がなくなる時があるようです。まずは努力していく事が先決です。

■努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。 王貞治

努力とは必ず身を結ぶものです。それが不本意にも結果として現れないのであれば、まだ努力の過程プロセスだということです。すぐに結果など出るはずもありません。諦めずにやるしかありません。

■ビビりだから努力をやめられなかった 金本知憲

「気が小さくて自分なんてダメなやつだ」などと思っている人、決してダメだということはありません。何故ならばちゃんと自己分析が出来ているからです。ただし、そのままの状態では前進出来ません。そこからの努力さえあれば必ず報われます。「そんなことない。俺はすごい奴のはずだ」と、やたら自分を大きく見せたがり、努力も怠ってしまう人に比べれば遥かに素晴らしいです。

■天才は有限、努力は無限 中村清

陸上競技指導者にして元早大のカリスマ指導者、中村清の口癖だそうです。生まれ持った才能に嘆く暇があれば、納得できるまで努力をしましょう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です