平和的解決を目指す【朝礼スピーチ89】

感情が高ぶるととにかく攻撃的になりやすいものです。平和的解決を望むのならば、常に「平常心」を保てなければなりません。争いになると結果勝敗は着くが、どちらも傷付き必ず両者にダメージや怨恨が残ります。出来るだけ平和的解決を心掛けましょう。

スポンサードリンク

平和的解決を目指す

 様々なトラブルが発生し、それを上手に解決へ向かわせることが出来る能力も社会人には必要です。そうでなければ、とてもじゃないですが集団で仕事など出来るはずもありません。

ただそのトラブルを、出来るだけ平和的に解決すべきでしょう。そのためには大切なことが2点あります。

感情的にならない

 まずは感情的にならない、ということです。これは平和的解決に絶対必要な条件、と言えるでしょう。「絶対に相手が間違っている」という場合もあるでしょう。そんな時も冷静に話すことです。

スポンサードリンク

相手の立場に立ってみる

 争っている相手の立場に立ってみると、案外、相手のことを理解出来るものです。理解出来れば、身勝手な考え方も消え冷静になります。自分の足元をもう一度見直す、良いきっかけになるかもしれません。

分かり合うことを目指す

 言うのは簡単なことですが、「平和とは分かり合う」ことなんですね。しかし「お互い分かり合おうとする気持ち」がなければ、これは絶対に成立しません。

”平和は力では保たれない。平和はただ分かりあうことで、達成できるのだ。”
by アルベルト・アインシュタイン

20世紀最高の偉人もそう言っておられます。相手に平和的な考えが無いのであれば、まずは自分から「冷静に、相手の立場に沿って」歩み寄ってみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です