知識・常識・教養

スポンサードリンク

【知識・常識・教養】を使った文章例

■どんな小さな知識もいつか役に立つ

自分にとって大したことがない情報や知識でも、いつか必ずどこかで役立つ時がくきます。成長するには常に情報に敏感でなくてはなりません。

■教養こそが社会人の必須条件

教養の無い人間は、いくら隠して丁寧に話していても、相手にすぐにバレてしまいます。本を読み、知らない単語、社会情勢などがあればすぐに調べ、知識と教養をしっかりと身につけておきましょう。そのためには「知識に貪欲」でなくてはなりません。

■時には常識を疑え、しかしそれよりもまずは常識を学べ

当たり前と思っていた事がそうではなかったりします。そのような出来事にしょっちゅう出くわすのが社会であり、人生というものです。そのためにもまずは一般常識・モラルある行動を。

【知識・常識・教養】に使える慣用句・ことわざ

■芋の煮えたも御存じない

芋が煮えているのかいないのかも分からないほどのボンボン育ちという意味から、世間知らずを嘲(あざけ)る言葉。教養だけは身につけておきましょう。

■知識は力なり

まさにそのまんま、知識は必ず人生の助けとなり力となります。逆もしかり、無知は無能です。このことに歴史上にも例外はありません。

■性相近し、習い相遠し(せいあいちかし、ならいあいとおし)

みな生まれた時にはあまり差はありませんが、習慣、教育などの違いで差が生じてくる、という意味です。これが教養の差となります。

■葦の髄から天覗く(よしのずいからてんのぞく)

自分のちっぽけな知識や経験だけで物事を判断することのたとえです。非常識な人間に当てはまる言葉ですね。どれだけ見識が広いか、つまり人間の懐が深いか、と通じます。

スポンサードリンク


【知識・常識・教養】に使える四字熟語

■事上磨錬(じじょうまれん)

実践・行動を通じて知識や精神を磨くこと。

■一知半解(いっちはんかい)

少ししか分かっておらず十分に理解していないこと。「自分は知識人だ」と思った瞬間からもう教養は身につきません。

■頑迷固陋(がんめいころう)

頑固で視野がせまく柔軟ではないので正しい判断が出来ないさま。常に広い視野をもって見渡せるようにしておかねばなりません。常識人ぶった井の中の蛙となってしまいます。

■思慮分別(しりょふんべつ)

物事の道理を良く考え、常識的に判断する事です。言うまでもありませんが、常識がなければ常識的に判断することなど100%出来ません。

■洒掃応対(さいそうおうたい)

洒掃とは水を撒いて掃く掃除のことで、応対は接待のこと。つまり社会人として学んでおかねばならない一般常識、という意味でしょう。※洒は酒ではありません。

■格物致知(かくぶつちち)

本質を見極め追求して知識を深めていくことです。なんとなく生きていたら当然、知識や常識、教養は身につきません。

【知識・常識・教養】に使える偉人の言葉

■教養ある人間は、他の人格を尊重し、したがってつねに寛大で柔和で腰が低いものである。 アントン・チェーホフ

逆もしかりで、常に寛大で柔和で腰が低い人はみな教養があります。

■世の中で一番みじめなことは教養のないことである。 福沢諭吉

「福沢諭吉 訓」の一つ。教養のない人間を見ていますと、本当にみっともなく見えます。ちなみに教養とは「心をしっかりと養い心が豊かであること」です。

■知識はすばらしい著作の基礎であり、源泉である。ホラティウス(古代ローマ時代の南イタリアの詩人)

学校教育のせいで勘違いされがちですが、本来「知識」を得る、ということは素晴らしいことです。これを「苦痛である」、とされていること自体がおかしいのです。

■教育とは、学校教育に邪魔されないで身につけなければならないものの事だ マーク・トゥエイン

恐らくこの学校教育とは「受験用勉強」を指していると思われます。友達と過ごす数年間、ということ自体が勉強になり、教養となっていることも忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です