教養は社会人の必須スキル【朝礼スピーチ100】

教養の無い人間は、いくら隠して丁寧に話していても、相手にすぐにバレてしまいます。本を読み、知らない単語、社会情勢などがあればすぐに調べ、知識と教養をしっかりと身につけておきましょう。そのためには「知識に貪欲」でなくてはなりません。

スポンサードリンク

そもそも教養とは

 教養を身につけろ、教養のない人間は大成しない、など。昔の偉人はおろか、親にも先生にも散々言われてきたセリフですね。しかし、そもそも教養って何でしょう?何となく気品のある感じでしょうか。

    教養【名詞】

  1. 教え育てること。
  2. 学問、幅広い知識、精神の修養などを通して得られる創造的活力や心の豊かさ、物事に対する理解力。また、その手段としての学問・芸術・宗教などの精神活動。
  3. 社会生活を営む上で必要な文化に関する広い知識。「高い教養のある人」「教養が深い」「教養を積む」「一般教養」。
  4. (※出典:goo国語辞典より)

とあります。「教養のある人は気品のある人」も、強(あなが)ち間違いではなさそうです。

スポンサードリンク

学問と幅広い知識、文化に関する知識

 教養とは、まず学問とありますね。学問は学生だけではなく、社会に出てからも身につけねばならない、ということです。

そして「幅広い」知識を得ることが大切なんですね。

幅広い知識、つまり社会情勢や世の中の動き、ニュースやトレンドなど、様々な「情報」を得ておかねばなりません。しかし時間とモノには限度があります。ですので、例えばお風呂に浸かっている間だとか、電車やバスの中で、出来るだけ空いた時間を使うことです。

 そして文化に関する知識とは、つまり人間が生活するための知識なんですね。つまり学歴の高さよりも、生きていくための知識や技術も知っておかねば「高い教養のある人」ではない、ということになります。

心が豊かであること

 そして一番大切なことは、それら知識などを得ることで心が豊かであることが「教養そのもの」である気がしますね。いくら知識の宝庫と呼ばれる人でも、心が貧しいようでは意味がありません。
キーワード「知識・常識・教養」の例文テンプレート

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です