自信と愛情と誇りを【朝礼スピーチ75】

セルフプロデュースをするには、まず自分に自信がないと出来ないことですね。それと同じく「自分の会社」「自社製品」に自信がないと仕事などやっていられません。みなさんは会社や自社製品などに自信を持っていますか。

スポンサードリンク

企業理念が素晴らしい

 「御社の企業理念が素晴らしい」などという、面接時によく聞く言葉がありますね。まるで面接用文のテンプレートですが、実際に企業理念に惚れて入社していれば、自分の会社に愛情や誇りを持っていると思います。

こういう人たちは、会社に愛情があり、社員であることに自信を持っているので、名刺を出す時も堂々としています。
同様に、自社製品を勧める時も、言葉に自信が溢れており、聞いていて清々しくなる時もありますね。

逆の場合はどうか、つまり、入社してみたは良いが、様々な理由で会社があまり好きでない社員であることに自信も無ければ誇りもない、いう人はどうでしょうか。

当然、営業であれば「売れない」、製造や管理業務であれば「ミス連発」、という具合になってしまいます。

スポンサードリンク

愛情と誇りを

 まず自分の会社に自信を持っていますか。愛情を持っていますか。誇りを持っていますか。これらが無ければ、その会社に在籍している意味がありません。

本当に「食っていくためだけの毎日の作業」になってしまいます。これはさすがに精神的にしんどいです。まずは社員であることに自信と誇りを持ちましょう。いや、会社がどうこうよりも

その会社を選んだ自分の選択

を信じましょう。今あなたがそこにいるのは、自分の選択なのです。それくらいは自信を持っておかねばなりません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です