誰に対しても謙虚で【朝礼スピーチ111】

お前には謙虚さが無い、と注意しているあなた。1年でも後輩が出来れば、そういった注意もしていかねばなりませんね。しかし相手の目が物語っています。「謙虚じゃないのはあんたですよ」

スポンサードリンク

注意は素直に謙虚に

 部下や後輩と同席中に、上司や先輩から叱責されて、部下や後輩の手前もあり少々恥ずかしくなってしまった経験はありませんか。いくら注意されている時は謙虚な姿勢をとっていても、注意してきた人がいなくなるや否や
「チッ、えらそうに~。ハハハ」

などと、本当は照れ隠しで冗談で言ったのだとしても、そんなものを部下や後輩に聞かれようものなら、もうあなたが「謙虚でいろ」などという指導をしても効果がありません。

そして裏表のある人だな、と信用を失くしてしまうかもしれません。

少なくとも
「しっかりしなきゃね。まだまだダメだな僕も。」
くらいの謙虚なリアクションは欲しいところです。

スポンサードリンク

後輩や部下でも謙虚に

 上司や先輩からの注意・指摘はまだ謙虚に聞けるでしょう。しかし、後輩や部下からの間違いの注意・指摘なども含め、誰からの注意・指摘も謙虚さを持って聞ける余裕がなくてはなりません。

後輩や部下に注意されてプライドが傷付き、謙虚な態度で接することが出来ない人は
「そんなことより、お前の方はどうなんだ」
と話をすり替えて、話をうやむやにしてしまいがちですね。
こんなときは
「お、本当だ良く気付いてくれたね、ありがとう」
と不貞腐れずにお礼を言えてこそ素敵な先輩です。

キーワード「謙虚・謙遜」の例文テンプレート

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です