逆転前にピンチがやってくる【朝礼スピーチ54】

逆転勝利、なんとも耳障りの良い素敵な言葉です。これが鮮やかであればあるほど、自分に酔いしれそうになります。しかし逆転勝利をしたいのならば、まずはどうしても必要な状況があります。それが「ピンチ」です。

スポンサードリンク

逆転の前にピンチあり

 芸人さんの「右足を出して左足出すと歩ける。当たり前体操~」なんてギャグが流行りましたが、これも同じく「逆転前は必ずピンチである」ことは当たり前です。

しかしピンチの時に
「そうか、このあと大逆転が起こるんだな、ラッキー」
と、そうそう考えられるものではありません。通常は嫌な気持ちになるものです。

「ピンチ=嫌なもの」が一般常識です。でも鮮やかな逆転勝利を収めている者は、この「ピンチ」を迎え、精神的に耐え、そして逆転している、ということです。。

しかし誰も好んでピンチなど迎える人もいないと思います。誰しもピンチに陥ると現状から逃げ出したくなります。そりゃあそうです。しかし本当に逃げたら「逆転勝利」もその手からこぼれることになります

スポンサードリンク

ピンチでへこたれるな

 長い人生、ましてやチャレンジを続けていますと必ずと言ってよいほど、ピンチの場面に遭遇します。もう誰しも経験済みです。ここでへこたれない事が大切です。

 仮にピンチを脱せずとも、その経験は必ず役に立っています。ですので「ピンチは成長の糧」と考えれば良いだけです。そうやって前向きに考えている方が「逆転」もしやすいのです。何となくみなさんも経験上、感覚的に分かっていることだと思います。

そんな素敵な成長の場であるピンチ。逆に待っていてもなかなか来てくれないものです。ピンチ・災いは千載一遇のチャンスと考えてみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です