人生とは決断の連続【朝礼スピーチ41】

人生という道を長く歩いていますと、いつも決断しなければならない場面に遭遇します。まあ人生とはそういうものなんでしょう。しかしそうと分かっていても、失敗したくない思いから迷うことが多々ありますね。

スポンサードリンク

未成年の時からそれは始まる

例えばどこの高校を受験するかこれもひとつの決断で、その決断によって人生の進む道が決まります。そして大学、就職、転職、引越し、結婚、出産など、数えればキリがありません。

そして生涯を捧げる仕事が見つかると、そこでまた決断を迫られるような場面に何度も直面します

決断、また決断

その時はそれで正解だと思っていても、流れが変わるとまた決断せねばならぬ時がやってきます。

  1. 今まで通り突き進む
  2. 違う方向へ転換する

という決断をせねばなりません。その次にまた取捨選択がやってきます。このように、人生には「決断」を何度もせねばならないのです。
まさに「人生とは決断の連続」なんですね。

スポンサードリンク

決断を糧とし次へ生かす

「もうこれで決定。他には考えられない」
と思って結婚したのに数年後に離婚、なんて話もザラです。

色々な要素があると思いますが、一つ言えるのは、年齢を重ねると共に価値観が変化していくことが理由でしょう。

このことを「優柔不断」とは言わず「成長」と考えるべきです。一生懸命考えて決断をして選んだ道ですので、人生の遠回りでもありません。成功、失敗を繰り返し、その経験値を次へと生かしていきます。

そしてまた分かれ道が目の前に現れます。それをまた経験を生かして選択すれば良いだけのことです。何しろ人生とは決断の連続なのですから。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です