腹が減っては集中出来ぬ【朝礼スピーチ34】

スポーツ、勉強、仕事、全てに共通して必要なものといえば、集中力です。しかし集中するには当然エネルギー源が必要なんですね。脳の力を最大限に発揮するためには、そのエネルギーをしっかりと補給しておかねばなりません。

スポンサードリンク

膨大なカロリー消費

 いきなりですが、脳が消費するカロリーがどれほどすごいかご存知でしょうか。実は脳の一日の消費カロリーは大体250キロカロリー(※身長、体重、年齢にもよる)くらいと言われています。

これがいったいどれくらいの数値(大体の平均値です)なのかといいますと

  • 100m走ダッシュ×5本
  • 水泳のクロールで30分
  • 時速8キロで30分ランニング

なんですね。いや、これは相当しんどいと言えますね。しかし脳はそれほどにカロリーを消費するのです。

そして集中すればするほど、当然その数値は上がっていきます。

スポンサードリンク

朝食はしっかりと

 空腹でだるい、動けないなどの分かりやすい症状もありますね。その中でも「頭がボーっとする」という経験はありませんか。

これは空腹で力が入らない、ということよりも、実際にカロリー不足で脳が働いていないことが原因だと思われます。

つまり朝食はしっかりと摂っておかねばならない、というのは科学的にも根拠があるんですね。朝は忙しいですが、もう少し食べる時間を大切にしてみましょう。

脳に必要な栄養素は

 脳に必要な栄養素はずばり「ブドウ糖」なんですね。朝食をどうしても食べる暇が無い人は、サプリメントなどでも良いので、サッと口に放り込んでおくのもOKでしょう。

ちょっとした対策ひとつで、一日の働きが変わってくるもんですよ。腹が減っては戦は出来ぬ、ブドウ糖不足では集中出来ぬ、ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です