責任・使命・任務

スポンサードリンク

【責任・使命・任務】を使った文章例

■任務は責任を持って遂行しましょう

当たり前のことですが、自分の仕事はしっかりとこなさねばなりません。業務がスムーズに動かなくなるからです。自分一人くらい手を抜いても、いや、いっそいなくても大丈夫だろう、と考えている人、それを無責任と言います。任務、つまり「任された務め」は、責任を持って遂行しましょう。

■使命を持つと責任感が生まれる

仕事に使命を持つと、責任感が生まれます。自分が何とかするんだ、という強い気持ちこそが、責任へとつながっていくものです。部下にそれなりに仕事を任せていくことが、育てる意味でも、責任感を持たせることでも、大切なことです。

■企業人としての最低限の責任とは

自分の仕事を完璧にこなすこと、これに尽きます。そこから更に技術を上げて会社を背負っていくのが「使命」です。「一人雇用する」というのは膨大な「お金と期待」が掛かっていることを忘れてはなりません。入社している時点で大きな責任が生まれていることを忘れずに。

【責任・使命・任務】に使える慣用句・ことわざ

■己を責めて人を責めるな

人の過ちを責めるのではなく、自分の中の何が悪かったのかをよく考え直してみよ、という教え。自己責任をまずは考えてみましょう。

■負けるが勝ち

時と場合によっては、争わないで相手に勝ちを譲ったほうが自分にとって有利な結果となり、自分の勝ちに繋がるという教え。「試合に負けて勝負に勝つ」などとも言いますね。

■五十にして天命を知る(ごじゅうにしててんめいをしる)

自分の使命を知るのは50歳を過ぎてから。まず30歳で自立をして40歳になって迷うことなく進む。使命が分かるのはそのあとだ、という教えです。まずはしっかりと迷うことなく進み続けることが大切です。もちろん30歳で使命を持って仕事をすることは間違いではないし、大事な事です。しかし、あくまで孔子が自分の人生を振り返ったときの言葉で、孔子ですら天命を知るのは50歳だったのだから、焦らなくとも良いという教えでもあります。

■勇将の下に弱卒無し(ゆうしょうのもとにじゃくそつなし)

上に立つ者が優れた者ならば、下の者も必ず優秀な者に育つ。上に立つ者の責任がいかに重大であるか、しっかりと理解しておかねばなりません。責任を取るのが仕事、と言っても過言ではありません。

■人事を尽くして天命を待つ(じんじをつくしててんめいをまつ)

やるべきこと(人事)をきっちりとやることが責任であり任務でもあります。そこから先は天のみぞ知る。

スポンサードリンク

【責任・使命・任務】に使える四字熟語

■責任転嫁(せきにんてんか)

自分に責任があるにもかかわらず、それを認めず他人にその責任をなすりつけること。まず非を認めることから始めねば、その問題は一生解決出来ません。

■傍若無人(ぼうじゃくぶじん)

自分勝手な振る舞いをすること。集団の中に存在する以上は、自分自身の行動全てに責任が生じます。勝手な言動は慎まねばなりません。

■責任重大(せきにんじゅうだい)

重い責任がかかっている場面では、本来の力を出せないことがある。落ち着いて自分を信じて行動しましょう。

【責任・使命・任務】に使える偉人の言葉

■力強さは使命感を持つところから生まれる。 松下幸之助

使命感は人を強くする。責任を負うことでブレる事もなくなります。

■人生における使命というものは、つくるものではなく発見するものである。 ヴィクトール・エミール・フランクル

いつか使命を見つけるためにも、今を一生懸命やっておかねばなりません。

■自由は、責任ある個人だけが主張できる。 ミルトン・フリードマン

「自由」とは好き勝手やって良い、という意味ではなくルールの範囲内にあります。無責任な人間がよく勘違いするミステイクです。自分の行動に責任を取れる者以外には自由はありません。管理されたくなければ、まず責任を果たしましょう。

■自己管理によるマネジメントは、人間が「責任・貢献・成果」を欲する存在であることを前提とする。 ピーター・ドラッカー

自らの責任を感じることがなければ、自己管理など絶対に出来るはずがありません。まずは責任、そして使命を持って仕事に臨みましょう。

■アップルがやらないと、どこもやらない。だから僕はここにいるんだ。 スティーブ・ジョブズ

自分のやるべきことは他人に任せることは出来ないし、自分にしか出来ないことです。これぞ使命というものです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です