雑音を気にするな【朝礼スピーチ37】

集中しなければならない時に限って、周囲の雑音などが気になってしまいがちです。そして「あー、集中出来ない!」と思ってしまいますね。誰しもあること思考こそが、集中することを妨げているのです。

スポンサードリンク

雑音による集中の妨げ

 ミスが許されない、急ぎの案件などで集中して作業をしたい。そんな時にこそやってくる焼き芋の屋台や選挙カー、そして暴走族。

そんな話があるかどうかは別にして、この音そのものが原因で集中出来ないのではありません。それを言い出したら阪神タイガースの選手は誰も打てません。

「あー、うっさいなもう」

拒否的に考えている脳にこそ原因があります。そりゃあそうです。心の拒絶は必ず作業に影響します。
そして「うるさい」と考えてしまっていることで、脳の許容量がそれに少し占領されてしまうのですから尚更です。

そして必ず次にこう考えます。

ダメだ、いま全然集中出来ていないな

と自身の注意力散漫状態を確認しだします。もうこうなると脳は完全に音に支配され、集中など絶対に出来ない状態に陥ります。

スポンサードリンク

集中しているか否かを確認するな

 気になるのは当たり前です。そして、「集中しているか否か」の確認をしてしまうのも無理はありません。しかしこの「確認作業」にまた脳ミソの許容量を取られてしまいます。

確認作業をすることによって、自分を観察することになってしまいます。そしてせっかく芽生えていた「作業興奮(やる気がなくても行動を始めたらやる気スイッチが入ること)」が萎えてしまうんです。

これが最も集中出来ない原因なのです。
まさに負のスパイラルの始まりです。

リラックス状態こそ集中力を発揮する

 実は集中力とリラックス状態には密接な関係があります。集中したいならば、まずはリラックスすることが大事なんですね。

たとえば、子どもが外でギャーギャー騒いでいたら、「ギャーギャーうるさいなクソガキめ」と考えるのではなく、「あぁ、子どもっぽくて微笑ましいね」と考えましょう。

暴走族の車がやってきたら「消音のためのマフラーってすごい効果があるんだな。ヨシムラすげえな」と考えてみればどうでしょうか。

場合によっては集中出来ないことも

 ちなみに、真横で仕事もせずにペチャクチャしゃべっている奴がいたら、これはさすがに集中できません。あるいは、ところ構わずオナラやゲップをしまくられても無理です。

こういう場合は迷わず上司に報告しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です