オバマ大統領が退任スピーチで語ったある言葉【朝礼スピーチ11】

2017年1月10日、第44代アメリカ大統領、バラク・オバマ大統領が退任スピーチを行ないました。ノーベル平和賞を受賞し、数々の功績を残してきたオバマ氏が、最後に語った言葉が非常に素晴らしかったのです。

スポンサードリンク


オバマ大統領の功績

最初にこのオバマ大統領がやってきた功績を並べてみます。

  • 自動車業界の復活
  • 史上最大規模の雇用創出達成
  • キューバと国交正常化
  • イランの核兵器開発停止
  • オサマ・ビンラディンの殺害許可
  • 同性結婚の支持
  • 健康保険制度見直しで2000万人の権利を確保

など他にも挙げればキリがありません。本当に素晴らしい大統領だったと言えるでしょう。広島の平和記念公園を訪れたのも記憶に新しいところですね。

勝利宣言でのスピーチ

 2008年11月4日、オバマ大統領が勝利したときのスピーチの中での言葉で、一番有名な言葉は言わずと知れた

Yes,we can.
(やれば出来るんだ)

こんな明確で分かりやすい言葉もないですね。実際にやってのけてきた人の言葉だからこそ重みがあります。

スポンサードリンク


自らの足で進み、打ち込んでみよう。そして目的を貫くんだ。

 そして退任スピーチで、こんな言葉を話しています。

Show up. Dive in. Persevere.
(自らの足で進み、打ち込んでみよう。そして目的を貫くんだ)

 人は何かを成し遂げようとするとき、必ず言葉にする必要があります。あるいは言葉にせずとも、心の中でつぶやき続けていかねばなりません。そうしなければ自分に負けてしまうからです。

 大切なのは「自分を信じ、人に言われずとも自ら目的のために貫き続けていく」ということです。このオバマ元大統領のように。

キーワード「継続・計画」の例文テンプレート
キーワード「決意・決断・決心・覚悟」の例文テンプレート

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です