成長・スキルアップ

スポンサードリンク


【成長・スキルアップ】を使った文章例

■褒められる為に頑張るな

ほめられる為に努力をすると成長しません。なぜならば「褒められない場面」では何もしようとしなくなってしまうからです。損得勘定で動けば絶対にスキルアップは望めません。
褒められて伸びるタイプ【朝礼スピーチ19】

■意識を持って仕事をしましょう

訓練、さらに毎日の作業も含み、「質の高い意識を持つ」ことが必要です。同じ年月を過ごしていても、差がつくのは才能ではなく、そういった細かいことの繰り返しが差を生んでしまいます。
意識の差で違いが出る【朝礼スピーチ20】

■それは突然やってくる

スキルアップというのは徐々にアップしていくのではなく、今まで出来なかったことがある日突然出来るようになっているものです。ゲージが少しずつたまり、99.99%を超えた途端、次のステージへ上がる。つまり実感が無くとも継続していくことが大事だということです。
スキルアップはゲームのレベルアップと同じ【朝礼スピーチ21】

■良きライバルが必要

自分がスキルアップすると周りを焦らせることが出来ます。遅れていることを肌で感じさせる事が出来たら、命令などしなくともやるようになります。「人材」を「人財」に変える1つの方法でもあります。そして競い合うライバルがいることによって、人は更に成長することが出来ます。
ライバルと相乗効果【朝礼スピーチ22】

【成長・スキルアップ】に使える慣用句・ことわざ

■勇将の下(もと)に弱卒なし

トップが優秀であれば、ついてくる部下もみな優秀なものです。部下の成長を望むならまず自分がレベルアップを図らねばなりません

■十(とお)で神童、十五で才子(さいし)、二十過ぎれば只の人

小さい頃に天才・秀才と呼ばれていても、仕事は勉強とは違います。自分を過信しすぎている者は成長せずに「言い訳」ばかりが目立つものです。スタートラインはみんな一緒です。

■這えば立て、立てば歩めの親心

次から次へと望んでしまうのが親心というもの。せっかく自分で「成長した」と自覚があっても、上司はまた次へのステップアップを望みます。それに不満を抱かないことです。逆に上司も親心にかまけず、まずは「褒めてやる」事をせねばなりません。

■生まれながらの長老なし

生まれながらにして優秀なものなど存在しません。一歩一歩、成長していかねばどんどん追い越されてしまいます。もし差がついてしまっている、と感じたならばそれは才能のせいではなく、努力したか、しなかったか、の差だと思うべきです。

■腕を磨く

技能が上達するように訓練すること。訓練すれば必ずスキルアップします。

■好きこそ物の上手なれ

好きなことは自ずと熱中出来るものだから、成長・スキルアップも早いという意味。まずは自分の仕事を好きになりましょう。

スポンサードリンク

【成長・スキルアップ】に使える四字熟語

■損得勘定(そんとくかんじょう)

もっともスキルアップに邪魔な考え方と言えます。人間の成長というものはいかに人の役に立たない事でも、意志を持ってやれるか、にかかっています。「損をして得を獲れ」という考え方もあるくらいです。

■臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

苦心苦労を重ねること。苦労もせずにある日突然成長することなど100%あり得ません。スキルアップをするためには日々臥薪嘗胆でなければなりません。

■日進月歩(にっしんげっぽ)

野球の素振りを毎日100回する。そうすれば1週間で必ず成長しているものです。しかし「1日サボると3日戻る」と言われています。つまり大袈裟に言いますと、3日やって1日サボると練習している意味がない、ということです。要するに「いかに毎日やることが成長に大切か」ということです。とにかく歩み進むことをやめてはなりません。

■切磋琢磨(せっさたくま)

成長するのに欠かせない「ライバル」。この存在を見つけお互いにしのぎを削ることが出来たら、さらに成長・スキルアップは早くなる

■日々精進(ひびしょうじん)

毎日努力すること。スキルアップへの最短距離です。

【成長・スキルアップ】に使える偉人の言葉

■経営者に役立つのは、耳障りな直言である 安藤百福(あんどうももふく:日清食品創業者)

直言、つまりはっきりと言ってくれる言葉に耳を貸さねば、成長は望めません。逆に、それを言ってくれる人を作れるかどうか。

■ひとつ余分に頑張ろう 勝海舟

思っている限界よりも、一つ余分に頑張れたら成長するもんです。

■人には燃えることが重要だ。燃えるためには薪が必要である。薪は悩みである。悩みが人を成長させる  松下幸之助

成長する道の途中には必ず「悩ませる何か」が待っています。むしろそれが見えてこないうちは、成長していないと言えます。そんな時には「よしやるぞ!」と気持ちを燃焼させて頑張ることです。

■「失敗」と書いて「成長」と読む 野村克也

失敗することは経験です。つまり成長するためのひとつの糧です。それを間違えないように。

■人が成熟する速度は、その人がどれだけ恥に耐えられるかに比例する ダグラス・カール・エンゲルバート(マウスの発明者)

誰だってミスや失敗は恥ずかしいです。しかしそれをプラスに転化して「恥ではない」という価値観を持たねばならない。そのこと自体が成長するということなのかもしれません。

■人から批判されることを恐れてはならない。それは成長の肥やしとなる トーマス・エジソン

他人からの批判はあまり頂戴したくないものですね。自分を信じて失敗しても、それは結局自分の成長につながっていることを忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です