健康・病気

スポンサードリンク

【健康・病気】を使った文章例

■健康オタクくらいでちょうど良い

健康とは何にも代えがたい大切なものです。病気になって初めて気付くのですが、それでは遅い。なるべく体に良い食べ物や生活習慣など、積極的に取り入れて健康オタクと呼ばれるくらいでちょうど良いです。
健康オタクを目指せ【朝礼スピーチ91】

■肩こりも病気の一種

常に体操をしたり、ストレッチなどで体を柔らかくしておくと健康を維持しやすい。肩こりが原因で仕事への意欲減少や、疲れがすぐに出てしまうこともある。「たかが肩こり」と侮るなかれ。甘く見ていると大変な目に合います。
肩こりを甘く見るな【朝礼スピーチ92】

■病気は早めの対処を

花粉症、もしくは風邪の症状が出ますと、誰しも即、薬を買う、病院に行く、などの対応します。ところが肩こり、目の疲れなどは、何故か我慢し放置しがちです。ひどくなる前に早く治しましょう。
病は早いうちに【朝礼スピーチ93】

■健康であることに感謝

朝起きて体がスッキリとして健康であること、少々無理をしても体が耐えてくれること。それは[当たり前]ではありません。誰しも陥りやすいことですが、健康であることは[当たり前]ではなく[感謝すべき特別なこと]です。
健康に感謝【朝礼スピーチ94】

■病気にかかるとマイナス思考になる

何度も体調を崩していると、「自分だけが不幸」などとマイナスな発想に陥ります。体に良い食べ物、体に良い生活習慣、体に良い考え方、などを実践していれば勝手に健康になれます。そうすれば人生は明るく楽しいものになります。■病がマイナス思考にさせる【朝礼スピーチ95】病がマイナス思考にさせる【朝礼スピーチ95】

【健康・病気】に使える慣用句・ことわざ

■一に看病二に薬(いちにかんびょうににくすり)

病気を治すには薬の前に、しっかりとした看病が大切だ、という意味。

■起きて働く果報者(おきてはたらくかほうもの)

たとえ苦しい生活であっても、病床にあることなく健康で働けるほどの幸福はないという意味。

■親が死んでも食(じき)休み

どんな多忙でも食後の休みは取らねばならないという教え。転じて「休息は非常に大切」であることをいいます。もちろん突っ走るのも大切ですが、時には休息も必要だ、ということです。

■風邪は万病の元(かぜはまんびょうのもと)

たかが風邪くらい大したことない、と高をくくり油断してはならないという教え。小さな穴がダムを決壊に追いやることもあります。決して風邪を侮ってはなりません

■早寝早起き病知らず(はやねはやおきやまいしらず)

早寝早起きの習慣がある人はとても健康で、病気にもなりにくいという教え。生活のリズムを崩さぬように毎日を過ごすことは、実は結構難しいと思いますが、やるかやらないかで結果が変わってきます。

■腹八分目に医者いらず(はらはちぶんめにいしゃいらず)

お腹いっぱいにご飯を食べるとかなりしんどいですね。暴飲暴食は健康には非常に悪い。科学的にも実証されているので、是非実践しましょう。

■病は気から(やまいはきから)

気持ちが落ち込んだり心配で不安になったりすることで、病気にかかってしまうものです。気持ちを明るく、無駄な心配などしない方が健康的に過ごせます。病だけはなく、全て「気持ち・考え方」でプラスにもマイナスにもなる訳です。。

■転ばぬ先の杖(ころばぬさきのつえ)

失敗せぬように準備すること。病気は突然やってきます。罹患(りかん:病気にかかること)してからでは遅い、その前に防御しましょう。

スポンサードリンク


【健康・病気】に使える四字熟語

■悠悠自適(ゆうゆうじてき)

心惑わず、思うがままに静かに生活を送ること。あまり考えすぎたり迷いすぎると「結果」も「体調」も悪い方に転じる事の方が多い。ゆったりと健康的に過ごしましょう。

■無事息災(ぶじそくさい)

事故や病気などをせず、平穏な生活を送り暮らしているさま。

■体調管理(たいちょうかんり)

何をするにおいても健康でなければ話になりません。注意されなくとも「体調管理」を実行出来る事が、社会人としての最低条件です。

【健康・病気】に使える偉人の言葉

■健康は紛れもなくこの世で最上の善であり、ほかのあらゆる善の基礎となる ルネ・デカルト(フランスの哲学者・数学者)

身体が資本、健康第一、と同じですね。

■快い眠りこそ、自然が人間に与えてくれる優しく懐かしい看護婦だ ウィリアム・シェイクスピア

上質な睡眠が健康に影響します。

■健康は、この上なく高価で失いやすい財宝である。ところが、その管理はこの上なくお粗末である 作者不詳

健康であることが当たり前すぎて、ついついいい加減な体調管理になってしまいます。

■心と体は表裏一体です。どちらかが悪ければ、もう一方も悪くなります。だから健康を考えるとき、肉体的健康、精神的健康の両方を配慮しなければなりません ジョセフ・マーフィー

「心」も「体」も健康でなければならない。どちらかが崩れるともう片方も崩れてしまう。健康とは心と体の二本柱の上に成り立っています。心身ともに健康で。

■あなたは豊かな生活、幸福と喜びと健康と富裕に満ちた人生を送るために、この世に生まれてきたのです ジョセフ・マーフィー

豊か、幸福、喜び、富裕、はある程度周りからの影響や環境の違いなどで、左右されるが健康だけは自分でコントロール出来ます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です