優しさ・気配り・気遣い

スポンサードリンク


【優しさ・気配り・気遣い】を使った文章例

■ほうきを持ってきて

「ホウキを持ってきて」と頼まれてほうきだけ持ってくる人がいます。チリトリもついでに持ってこれる気遣いが必要です。一を聞いて十を知ることが大切なのです。
ほうきを持ってきて【朝礼スピーチ56】

■気遣いにもマナー

「間違いを間違いだ」と指摘出来ることも気遣いです。組織を最優先に考えたらそうならざるを得ない場面が多々あります。ただし言い方に注意せねばなりません。同じ指摘するのなら相手を思いやり、優しさをもって指摘すべきです。同じ言葉でも全然違って聞こえるものです。
気遣いにもマナー【朝礼スピーチ57】

■ほんの少しの心配りを

ほんのちょっとしたことで良いので、気を配れていますでしょうか。気配りの利く人というのは、いちいち考えなくてもそれが出来る人です。これは「相手の気持ち・立場」をすぐに理解する人が出来る行動です。
ほんの少しの気配りを【朝礼スピーチ58】

■積極性が必要

ここで行動に出たら人に親切に出来る、という場面で躊躇したことはないですか。親切にしてあげたい、と思っても積極性がないが為に先を越されてしまいます。せっかくの優しい気持ちを生かしたいのなら積極的になりましょう。
優しさには積極性が必要【朝礼スピーチ59】

【優しさ・気配り・気遣い】に使える慣用句・ことわざ

■挨拶より円札(あいさつよりえんさつ)

心のこもったお礼の言葉よりも、金銭の方がありがたい、という意味。これもまた社会人の気配りです。

■正直は阿呆の異名(しょうじきはあほうのいみょう)

融通の利かない正直は、愚か者のすることである、という意味。正直も大切ですが、気遣いの方が大切です。

■嘘も方便(ほうべん)

時と場合によっては嘘も必要だ、という意味。優しい嘘ならば、それは気遣いのひとつです。

■ついた餅より心持ち

餅を貰うのは非常に嬉しいが、それよりもその餅を「あげよう」という心遣いが嬉しいもの。「物質よりも心」が嬉しいのが人間というものです。「心などいらぬ、物質の方が嬉しい」と思うならば、恐らく気持ちに余裕がない時です。

■気が利いて間(マ)がぬける

せっかく気を利かせても肝心なところがきっちり出来ていないとかえって迷惑になる、という意味。本当に相手の事を思いやればそんな事にはならないはず。中途半端は何事においてもダメです。
※類語「仏像作って魂入れず」

■情けは人の為ならず

情けをかけると人の為にならない、という意味ではなく「情けは人の為ではなく自分の為になること」という意味。人に優しくして絶対に損はない、という考え方よりも、自分のためになること、と考えるべきでしょう。

■一というたら二と悟れ

言われた用件だけでなく先を察知しろということ。「気を利かせる」という言葉の基本的なスタンスですね。逆に気の利かない人はこれが出来ていないと言えます。これを「一を識(シ)りてニを知らず」といいます。

スポンサードリンク

【優しさ・気配り・気遣い】に使える四字熟語

■傍若無人(ぼうじゃくぶじん)

人前であることをはばからず勝手気ままにふるまうこと。社会人といえど、優しさの欠片もない人がいます。気配り一つ出来ない人間は必ず淘汰されます。

■一視同仁(いっしどうじん)

誰でも分け隔てなく平等に愛せる気持ち。どうしても嫌いな人間というのは存在するものです。しかし良いところを見つけてみましょう。ほんの少しでも優しくなれるはずです。

■一利一害(いちりいちがい)

心からの優しさは損をする場合が多い。「お金か時間」が必ず消費されてしまいます。それをいとわない心がないと優しくなれません。つまり心の強い人間だけが優しさを持てる、といえます。
※同意語:【一得一失 利害得失】など

■慇懃無礼(いんぎんぶれい)

表面上は丁寧にしているが本当は誠意がない様子。せっかく気遣いが出来ても、誠意がないのが丸出しでは意味がありません。これでは台無しです。優しさも全力で。

■陰徳陽報(いんとくようほう)

人知れずの善行は必ず良い結果を自分に返してくれる、という意味。「感謝してもらえるだろう」「これをしておけばプラス評価だ」というような行いは、やらない方がマシです。何故ならば「感謝」が返ってこなければ、腹が立つだけだからです。本当の善意の行為しか意味がない、ということです。

■電光石火(でんこうせっか)

言われたことをあっという間に片付けるのもまた「気遣い」です。頼まれた事をダラダラしていてはダメです。「あいつに頼んだら全部言わなくてもあっという間に片付いてしまうよ」と言われる人間になりましょう。そして気配り・気遣いの出来る人は、大抵行動が電光石火のごとく早いものです。

【優しさ・気配り・気遣いに使える偉人の言葉

■優しさこそ、ほんとうの強さだ。 ジェームズ・ディーン

弱い人間というのはとにかく攻撃的です。自分が弱い人間であることを知られたくないからです。優しさには勇気が必要です。何故なら大抵の場合は自分が損をするからです。

■しあわせはいつもじぶんのこころがきめる 相田みつを

「人に優しくすることがそんなに偉いか。自分のことで精いっぱいだ」と言う人はそれで良いと思うのです。わざわざ気遣いなど不要です。その代わり人からは親切にされないし気も遣ってもらえません。損をすると分かっていても「優しい気持ちの人間」はそれで幸せなのです。逆に構われたくない人は構わず、といったところでしょう。

■成功する人間になろうとせず、むしろ価値ある人間になろうとしなさい。 アルベルト・アインシュタイン

気遣いの出来る優しい人間になれば自ずと道は開けるものです。その先に「成功」があるのではないだろうか。仕事の上でも言えるが、会社優先より顧客優先の方が最終的には利が返ってくる。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です