発見・発想・着眼点

スポンサードリンク

【発見・発想・着眼点】を使った文章例

■ちょっと何かを変えてみよう

ただぼんやりと過ごしていては「発見」は出来ません。同じ事の繰り返しの毎日から少し目線・立ち位置を変えることによってそれが可能となります。何かが少し違うからこそ、の結果とも言えますね。

■「アイデア」は何でも良いからまず出すこと

頭の中で「あれも違うこれも違う」と消滅させてしまわないことが大切。思いついた発想は全てメモしておくくらいがちょうど良いです。そのアイデアにどんな欠陥があったとしても。その欠陥が後日、なにかのアイデアで埋まるかもしれないのですから。

■未熟な者に発見なし

現在やっている業務が完璧にこなせてこそ、新たな発見などが出てくるものです。まずやるべきことをキチンとこなしましょう。

【発見・発想・着眼点】に使える慣用句・ことわざ

■握れば拳開けば掌(にぎればこぶしひらけばてのひら)

同じものでも、着眼点や考え方を変えますと違ったものになります。

■怪我の功名(けがのこうみょう)

失敗から偶然新たな良い結果を得られること。「ミスからアイデアが生まれる」、成功者からよく聞く話ですね。

■金の草鞋(かねのわらじ)で尋ねる

根気よくあちこち探しまわること。「金(かね)」とはお金や黄金ではなく、擦り切れることのない固い金属を表す。パッと見て簡単に発見出来るものではない、との教え。

■頭の濡れぬ思案(あたまのぬれぬしあん)

今降っている雨にまずは濡れないことが先決ということ。転じて先のことよりもまずは目先の問題解決が大事、ということ。問題解決から面白い発想が生まれることが多々あります。

スポンサードリンク


【発見・発想・着眼点】に使える四字熟語

■奇想天外(きそうてんがい)

思いもよらない奇抜なさま。奇抜な発想は思いもよらぬ結果を生むことがあります。

■温故知新(おんこちしん)

古いものの中から新たな発見をすること。先人たちの知恵は素晴らしいものばかりです。

■着眼大局(ちゃくがんたいきょく)

物事をマクロに捉えて本質を見抜くこと。広い視野で見ながらある一点を捉えることが発見につながります。

■斬新奇抜(ざんしんきばつ)

これまでに類を見ないほどの新しく思いもよらないような発想のこと。普通の考え方では新たな発見や発想は生まれません。

【発見・発想・着眼点】に使える偉人の言葉

■天才は1%のひらめきと99%の汗(努力) トーマス・エジソン

いくら努力しても1%のひらめきがそこに無ければ、努力は無駄に終わります。漠然とやるのではなく、しっかりとした発想を持ってからの「努力」ということになります。

■偉大な発見は大胆な憶測からしか生まれない。 アイザック・ニュートン

大胆な発想で、繊細にことを進めていけば偉大な発見があるはずです。

■自分が出したアイデアを、少なくとも一度は人に笑われるようなアイデアでなければ、独創的な発想とは言えない。 ビル・ゲイツ

自分のやっていることや考え方を笑われたら、「もういいや」とスネていませんか。誰にも発想出来ない力の持ち主だと考えましょう。

■我思う、故に我在り ルネ・デカルト(フランスの哲学者・数学者)

ちょっと哲学的ですが、この世のすべては真実ではない、と疑っている自分だけは真実であり存在している、という意味でしょうか(※間違えていたらすみません)。考え方や発想を変えると、全然違う発見が出来ます。

■あらゆる真実は一度発見されれば理解するのは容易だ。肝心なのは真実を発見することだ。 ガリレオ・ガリレイ

最初の着眼点がいかに難しく、容易でないか、ということです。

■アイデアは、それを一心に求めてさえいれば必ず生まれる。 チャールズ・スペンサー・チャップリン

どうすればよいのか、どこにポイントがあるのか、一生懸命やっていれば必ず着眼点が見つかり発想につながる

■一見して馬鹿げていないアイデアは、見込みがない。 アルベルト・アインシュタイン

常識に囚われていては発見など出来ません。人が聞いたら馬鹿にするような発想こそが将来性へつながったりするもんです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です