自信・自負

スポンサードリンク

【自信・自負】を使った文章例

■自信=自分を信じること

自信、つまり自分を信じること。みなさんは自分を信じていますか。自分を信じていない人間に成功はありません。
“自信”とは自分を信じること【朝礼スピーチ72】

■比べるな・気にするな・見栄を張るな

優秀な人と比べる、人からの評価を気にする、大きく見せるため見栄を張る。こういったことをやっていますと、自信などあっという間に無くなっていきます。自分らしくあるがまま、気にせず行動していれば、自信喪失しません。
自信喪失しないための3ヶ条【朝礼スピーチ73】

■自信をつけるには結果を出すことが最適

自分に自信をつける最大の要因は「結果を残す」ことです。結果を残すためには「努力する」しかありません。結局本当の自信を持つためには地道な努力しかないということです。
自信を持つ方法【朝礼スピーチ74】

■自信と愛情と誇りを

まず自社製品や会社に愛情を持っていないと毎日がしんどいだけです。自分の会社への愛情や誇り、その会社・場所を選択した自分に自信くらい持っておきましょう。
自信と愛情と誇りを【朝礼スピーチ75】

【自信・自負】に使える慣用句・ことわざ

■信じる者は救われる

逆に信じない者は救われません。自分の事を信じられない奴の事を、どうして他人が信用してくれるのか、ということです。自分の事を信用すれば必ず結果は出ます

■天は自らを助くる者を助く

他人に頼らず己の力のみで努力している者には、必ず天の助けがあり幸福になれる。自分を信じて進む者には「運」も味方してくれる。逆にそうでないから「ついてない」人間になってしまいます。

■成るように成る

とやかく考えず、自分を信じてやることをやっていれば必ず報われる時がやってきます。成るようにしか成らないものです。それをわざわざややこしく考えてしまうから、自分を信用出来なくなってしまうのです。シンプルイズベストです。

■豚もおだてりゃ木に登る

煽(おだ)てれば実力以上の力を発揮する、という意味。自分で自分を煽(おだ)てれば良いじゃないですか。「私はできる」と自信を持っていましょう。

スポンサードリンク

【自信・自負】に使える四字熟語

■自画自賛(じがじさん)

自分で自分のことをほめること。まずは自画自賛してみましょう。世界一自分の味方である自分が、まずは自分を褒めてあげなくてどうして自信など持てようか、ということです。自分を好きになってみましょう。

■抜山蓋世(ばつざんがいせい)

山を引き抜くほどの力と、世の中に蓋をしてしまうくらいの意気、という意味。自信と勢いをもってコトに臨めば大抵のことは成せるものです。何事も自信を持っていきましょう。

■金科玉条(きんかぎょくじょう)

絶対に信じて疑わないこと。少しも疑わず自分を完全に信じてみる。一片の曇りもなく、100%で信じてみる。

■威風堂々(いふうどうどう)

態度や雰囲気に威厳が満ち溢れている様子。自信を持って常に威風堂々たる態度でいましょう。

【自信・自負】に使える偉人の言葉

■物事を成し遂げさせるのは希望と自信です。 ヘレン・ケラー

自信無くして物事を達成するのは「絶対に」不可能です。まずは自分を信じてあげましょう。

■人に大切なのは、自信を持つことだ チャールズ・チャップリン

喜劇王の言葉通り、自信を持って行動しましょう。それが周りから見たらまるで喜劇のようでも。

■自信を失わず、前を向きなさい。悲しみについて考えすぎてはいけません。悲しいことは、もう終わりです。前を向いて懸命に働きなさい ダライ・ラマ14世

自信を失いそうになったら、とりあえず一生懸命打ち込んでみることです。それを続けたら継続そのものが自信になってくれるはずです。

■強い人が勝つとは限らない。素晴らしい人が勝つとも限らない。私はできる、と考えている人が結局は勝つのだ。 ナポレオン・ボナパルト

自分はできる、と考えていきましょう。そうすれば自信が出てきます。

■いちばんいけないのはじぶんなんかだめだと思いこむことだよ。 野比のび太

自信を持たずに成功などするはずもありません。まずは自分に自信を持つことが何よりも重要です。誰かと自分を比べる必要もない。そんなものはただのジェラシーです。
※のび太はドラえもんを発明する偉人ですので一応・・・

■どんなに暗くても、星は輝いている ラルフ・ワルド・エマーソン

自分だダメだと思い込まずに、必ず自分にしかできない事があるはず、と考えてみましょう。月にならなくても良い、小さな星で輝いていれば良いじゃないですか。自分は自分、自信を持ってまいりましょう。

■つまいづいたっていいじゃないか にんげんだもの 相田みつを

ちょっと頑張ってみたけど、思ったような結果が出ない。やっぱり失敗した、どうせやってもダメだろう、と思ってしまいますよね。人間誰しも失敗するものです。それを気にして信じる気持ちを失うか、それとも失敗など当たり前だと思うか。天と地の差です。自分のことを誇りに思いましょう。

■人はどんな高いところでも登ることができる。しかし、それには決意と自信がなければならぬ アンデルセン

逆に決意と自信がないからいつまでたってもうだつが上がらない、とも言えます。いい加減にして自分に自信をもって人生を歩みましょう。もったいないです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です